Articles

アフロディーテの頌歌

サッフォーの詩の主題であるアフロディテ。 この大理石彫刻は、プラクシテレスの『クニドスのアフロディーテ』をローマ時代に模写したものです。

この詩はアイオリック・グリー語で書かれており、サッフォーの名を冠したメートル、つまり3つの同じ長い行に、4番目の短い行が続いている形式になっています。 ヘレニズム時代のサッフォー作品集では、彼女の詩集第一巻の最初の詩である。 この詩は “Ποικιλόθρον'”という単語で始まるため、詩の頭文字のアルファベット順に並ぶ第Ⅰ巻の他の詩の順序からは外れている。 5637>

この詩は、愛の女神アフロディーテへの祈りの形で書かれており、無名の女性からの好意を切望している話し手が書いたものである。 構成は、古代ギリシアの讃美歌の三部構成にならい、呼びかけに始まり、語りの部分が続き、神への願いで締めくくられる。 詩の中で話し手はサッフォーとされており、サッフォーが自分の名前を挙げている現存する4つの作品のうちの1つである。 サッフォーの愛する人の性別は、24行目の女性名詞εθελοισαの一語のみから判明する。 この読み方は、1835年にTheodor Bergkによって提案されたが、1960年代になるまで完全には受け入れられなかった。

サッフォーは女神に、この女性への片思いの苦しみを和らげてくれるよう頼む。こうして呼び出されたアフロディーテはサッフォーの前に現れ、自分の誘いを断った女性もやがて自分を追いかけてくると告げた。 この詩は、女神がサッフォーの恋愛の悩みを解決してくれることを願う言葉で結ばれている。 アフロディーテへの頌歌』は、『サッフォー31番』とともに、サッフォーが他の女性を愛していたことを示す、現存する数少ない作品の一つであり、最愛の女性への言及がある。 5637>

「アフロディーテへの頌歌」はホメロス叙事詩の影響を強く受けている。 ルビー・ブロンデルは、この詩全体が『イーリアス』第5巻のアフロディーテ、アテナ、ディオメデスの間の場面のパロディであり、焼き直しであると論じている。 サッフォーがホメロスから受けた影響は、特にこの詩の第3節に顕著で、アフロディーテが人間の世界へ降りてくる場面では、「ホメロス語の単語やフレーズが事実上侵入してくる」。

この詩が深刻な作品として意図されていたかどうかについて、古典学者の意見は分かれている。 例えば、C. M. Bowraは、この詩の真面目な解釈を主張し、この詩が本物の宗教的体験を論じていることを示唆する。 一方、A.P.バーネットは、この詩を「祈りではなく」、娯楽を目的とした軽妙な作品であると見ている。 この詩の中には、説明の難しい要素もあるが、ユーモラスなものとして説明できる。 例えば、第3節の冒頭で、サッフォーはアフロディーテを「愛らしい雀につながれた」馬車で呼び寄せるが、このフレーズは、ハロルド・ゼルナーがユーモラスな言葉遊びとして最も容易に説明できると論じている。 この詩の第四節と第五節にあるアフロディーテの演説もまた、軽妙なものとして解釈されてきた。 キース・スタンレーは、これらの行はアフロディーテがサッフォーを「ユーモラスにたしなめる」様子を描いており、δηυτεの三度繰り返しに続いて、大げさで軽くあざけるようなΨάπφς σ’, ἀδικήτίει;

が置かれていると論じている。