Articles

キース・リチャーズ、最悪のドラッグ体験は文字通りの悪夢

Keith Richards has lived a thousand lives, The Rolling Stones guitarist has anecdotes more than entire music industry put together together. リチャーズが今日も生きているのは奇跡に他ならず、それに伴い、快楽主義に満ちた1970年代を通じて、彼は長年にわたって無数の臨死体験をしてきたのである。 しかし、その時期を乗り越えたリチャーズは、最悪のドラッグ体験がまるで悪夢のように聞こえる。

絶え間なくドラッグを使用していたのはリチャーズだけではなく、ハイを追い求めることが何年もローリングストーンの主要な動機となり、それがバンドの作品が最高のサウンドでないことにつながったのである。 キース・リチャーズについて読むと、ショックを受けるようなことはあまりない。結局のところ、このギタリストはロッカーのバケットリストからほとんどのことをチェックするために最善の努力をしてきた。 父親の火葬された遺骨を砕いて、コカインと一緒に吸引したことがあるんだ。

広告
広告

Mick JaggerはRolling Stoneの取材に応じ、70年代におけるバンドの以前の創造的停滞の原因をひとつに挙げて、「みんなドラッグを使っていた、特にキースがね」と1995年にフロントマンは語っている。 「だから、そのせいで少し苦しんでいたんだと思う。 全般的に倦怠感があった。 自分たちの人気とかで少し浮かれてしまったんだろう。 ちょっと休暇のような時期だった。 つまり、気にはなっていたけど、以前ほどは気にしていなかったんだ。 クリエイティブなプロセスに集中していなかったんだ。

リチャーズはキャリア開始以来、5回の薬物乱用容疑をかけられているが、薬物をスムージーに置き換える多くの同世代のアーティストたちのように、禁酒の道を歩むことをためらうことはなかった。 それどころか、彼が習慣を詰め込んだ理由は退屈だった。 2018年にテレグラフ紙の取材に応じたリチャーズは、よく知られる快楽主義的な傾向について聞かれ、「最近のドラッグは面白くない」と答えている。 “彼らはとても制度化されていて、当たり障りのないものだ。 それに、とにかく、俺は全部やったんだ」と自慢していた

「絶対に全部やめたとは言わないよ」とも認めている。

そして、”このままではいけない “という思いもあります。

リチャーズのドラッグ・キャリアに終止符を打ったのが、ヨーロッパ・ツアーで起きた次の瞬間というより退屈だったというのは信じられない。「誰かが俺のヤクにストリキニーネ(殺虫剤)を入れたんだ」と彼はかつて回想している。 「スイスでのことだ。 僕は完全に昏睡状態だったけど、完全に目が覚めていたよ。 みんなの声が聞こえて、あいつは死んだ、あいつは死んだって、指を振って僕を押し倒すんだ。 私は死んでいないと思っていた」と、ギタリストは驚くべき告白をした。

「私はザ・フーの10年間死にそうな人リストで1位だったんだ。

ありがたいことに、キースの人生は、放蕩三昧だった全盛期に比べていくらかスローダウンし、スイスでのような悪夢のような経験を経て、人生で何が起きても生き残れるようになったのである。