Articles

シカゴ・カブス ジョシュ・ドナルドソンのトレードを再考する

2007年のMLBドラフト1巡目で指名された、シカゴ・カブスの元プロスペクト、ジョシュ・ドナルドソンはトレードされた途端に開花した。

事態の推移からして、ジョシュ・ドナルドソンのトレードは今後も問われ続けるものであろう。 しかし、公平に見て、シカゴカブスは、チームが2003年以来最高のシーズンの真っ只中にあった2008年7月に、リッチハーデンの潜在的なエースを獲得しました。 そのため、このような「忖度」が仇となり、「忖度」が仇となり、「忖度」が仇となり、「忖度」が仇となり、「忖度」が仇となり、「忖度」が仇となり、「忖度」が仇となり、「忖度」が仇となり、「忖度」が仇となり、「忖度」が仇となり、「忖度」が仇となり、「忖度」が仇となり、「忖度」が仇となった。 そしてその時、ドナルドソンはまだ捕手だった。 2008年、ジェオバニー・ソトの出現で、ドナルドソンとの別れは簡単だった。 しかし、その一方で、ドナルドソンは三塁に移り、オークランド・アスレチックスで開花した。 2010年にデビューし、2試合目で2ランホームランを放つ。 2011年、彼はアスレチックスのトリプルAの服で遊んで年間を過ごしたが、ホットコーナーで2012年に戻ってきた。

彼は2014年にオールスターに初選出され、.255 / .342 / .456、29ホームランと98 RBIをスラッシュした。 2014年シーズン後にトロント・ブルージェイズにトレードされたため、3年連続のオールスター選出となった。

2015年、ドナルドソンは41本塁打、123RBIというバカげた数字を記録し、AL MVPに選出された。 2018年シーズンはデッドアーム症候群に悩まされたが、昨年はアトランタ・ブレーブスと1年2300万ドルで契約し、復活を遂げた。 ドナルドソンは155試合で37本の爆弾を叩き込み、94打点を記録した。

後知恵は20/20であり、ドナルドソンがノースサイダーズで三塁への同様の道を持っていれば、カブスはクリス・ブライアントのドラフトをパスするというケースもあり得るだろう。 そのため、このような弊順嶄で恷兜の溺來を恬ることができるのです。