Articles

梅毒性大動脈炎

梅毒性大動脈炎は、梅毒感染の第三段階に伴う大動脈の炎症である。 SAは、大動脈自体に血液を供給する血管である血管小帯を含む、血管の最も外側の層の炎症として始まる。 SAが悪化すると、血管壁の過形成による肥厚が起こり、血流が制限され、大動脈壁の外側3分の2が虚血状態になる。 酸素と栄養が不足すると、弾性線維は斑状になり、平滑筋細胞は死滅する。 病気が進行すると、梅毒性大動脈炎は大動脈瘤を引き起こす。 全体として、三次梅毒は大動脈瘤の原因としてはまれな病気です。

梅毒性大動脈炎

その他の名称

SA

Aneurisma micótico de la arteria ilíaca izquierda.S

Aneurisma microótico de ateria iliaca lizquierda.S

Syphilastica aortitis.jpg

Aneurysm, a common complication of SA

Specialty

Cardiology, 感染症

症状

ないことが多い

合併症

動脈瘤

通常発症

40-55歳。 (初感染は一般に早い)

原因

Treponema pallidum

危険因子

Unprotected sex, HIV, Drug use

予防

Condoms, avoinding drug use