Articles

猫の爪が引っ込まない理由

愛猫の爪が長すぎて、引っ込みがつかないということはありませんか? これは、猫とその飼い主に共通する問題です。 しかし、簡単な解決策があります。

なぜ、うちの猫の爪は引っ込まないのでしょうか? 問題は、病気、外傷、または感染症である可能性があります。 あるいは、老齢である可能性もあります。 猫用スクラッチ家具を購入すると、猫の爪が磨り減るのを助けることができます。 爪の中には神経や血管が通っているので、爪を切らないようにしましょう。 問題が解決しない場合は、猫を獣医に連れて行ってください。

感染が原因の場合は、抗生物質が必要になることがあります。 そして、外傷は時間とともに薄れていきます。 したがって、これは大規模な医療援助を必要とする問題ではありません。

猫の爪の問題は、2つの理由で悪いです。 1 つは、猫にかなりの痛みを与える可能性があることです。 猫の爪は神経でいっぱいなので、長すぎると、猫はそれを感じることができます。 通常、猫は自分で爪を減らしていきますが、いつもそうできるとは限りません。

2つ目は、問題を放置しておくと、猫の運動能力が著しく損なわれる可能性があることです。 自宅で問題を修正できるかもしれませんし、獣医の助けを借りずに問題に対処する方法を伝える複数のガイドがオンラインにあるかもしれませんが、とにかく専門家に依頼しましょう。

The Essential Role Of Your Cat’s Claws

cat claw problems
Cat claw problems stop them doing the things they love, like climbing. 画像は

猫の爪は野生で多くの目的を果たすために作られました、家畜のように全ての目的に爪を活用することはないかもしれませんが、猫の爪は移動に欠かせないものです。 猫の爪は、柵を登ったり、木をよじ登ったり、握力を維持したり、獲物を捕まえたりするのに役立ちます。 また、猫は、排便や排尿をした場所を隠すために土をひっかき、捕食者から自分のにおいを隠すために爪を使います。

あなたの猫は、グルーミングの日課でかなりの時間をかけて、爪をきれいにして良い状態を保つために手入れをしていることに気づくはずです。 これは、室内飼いの猫であっても、爪が自分にとってどれほど重要であるかを知っているからです。 爪が引っ込められなくなると、猫は動揺してしまいます。 また、毛づくろいは本能によるもので、全身に深刻な影響を及ぼす可能性のある病気を寄せ付けないためにも意味があるのです。

猫の爪の問題は、獣医が直面する最も一般的な問題の一つではないかもしれませんが、障害は発生します。 問題が起きたときには、速やかに対処することが重要です。 あなたの猫がまっすぐ治療を必要とするかどうかを示すために外を見るために徴候があります。

猫の爪の問題を理解するには、まず、猫の爪について理解する必要があります。 その構造は、人間の爪や足の爪とあまり変わりません。 爪はケラチンでできており、「死んだ」ケラチンからなる薄い鞘で覆われています。 爪の中央には、「クイック」とも呼ばれる血液が流れている。 爪は猫のパッドから生えており、爪は猫の意志で出たり引っ込んだりできるはずです。

一般的に、猫がリラックスしていたり寝ているときは、爪は引っ込んだ状態であるべきです。 これは、背側靭帯と呼ばれる組織によって前足にぴったりと固定されていることを意味します。 猫が爪を出したいときは、「指屈筋」と呼ばれる筋肉を収縮させることで爪を出します。 趾屈筋は、猫が再び爪を引っ込めたいと思うまで、背側靭帯の抵抗に打ち勝つことができるほど強い筋肉です。 1264>

想像できるように、比較的複雑な突起と引っ込むメカニズムを持っている猫の爪は、さまざまな問題に悩まされる可能性があります。 猫は通常、不快感を感じている場合、数日間、異常に活動的でなく、おとなしくしていることによって、あなたに知らせます。 しかし、すべての猫は異なる方法で痛みに反応し、一部の猫は猫の爪の問題について過度に声を出すことを選ぶかもしれません。

猫の爪の問題の初期には、明らかな身体的兆候がない場合があります。 しかし、あなたの猫は、私の足を引きずり、影響を受けた前足を地面に置くことを躊躇している、または過度に彼らのpaw.

なぜ私の猫の爪が引っ込まないのですか?

原因1:病気や感染症

あなたの猫の爪は、細菌、ウイルスおよび真菌感染に他の体の部分と同様に敏感である。 猫の爪は、常に床やその上に滞留するすべての細菌に接触していることを考えると、爪先が感染しても不思議ではありません。 ほとんどの細菌性、ウイルス性、真菌性の感染症は、短期間の抗生物質投与で治療することができます。 しかし、猫の爪の問題には、自己免疫疾患や腫瘍など、より深刻な原因がある場合もあります。

猫の爪に関して最も一般的な医療問題は、爪床を特に侵す炎症性疾患である「爪甲炎」と呼ばれる状態です。 この病気は通常、細菌感染によって引き起こされ、同時に1つまたは複数の爪が侵されます。 炎症と同時に、猫の爪床から膿が出てくることもあります。 膿は時間が経つにつれて濃くなり、茶色くなります。 良いことに、この病気は簡単な抗生物質の投与で治すことができます。

原因2:年齢

猫の爪の問題の原因として、年齢が高くなっていることも考えられます。 高齢の猫は、爪が太くなったり、もろくなったりするため、問題が発生しがちです。 しかし、若い猫、特に子猫は、爪の問題と無縁ではいられません。 元気いっぱいなので、ついケガをさせてしまうのです。 子猫が遊び好きなのは、どうしようもないことです。 しかし、爪の問題の深刻さを理解することは重要です。 すぐに治療するか、少なくとも獣医に見てもらう必要があります。 子猫の親になることは簡単だとは誰も言っていません!

原因3:外傷

猫の爪の問題
誰かがマニキュアを要求しているのではないかと思われるのです。 Image from Wikimedia

他の動物と喧嘩をした、足の下に潜り込んだ、室内で爪が引っかかった、交通事故に巻き込まれたなど、猫が外傷で爪を傷つけることは多々あるといってよいでしょう。 また、化学薬品による火傷、熱傷、凍傷などでも爪やパッドに外傷を負う可能性があります。 このような場合、原因はすぐに特定できます。

猫は一般に丈夫な生き物で、怪我を隠すことに関しては毛皮が良い仕事をしてくれるので、猫が怪我をしたと思ったら、すぐに獣医に連絡してください。

猫が爪を引っ込めなくなったときの対処法

選択肢1:猫用ひっかき家具に投資する

猫が爪を立てられるものなら何でもひっかくのはなぜだろうと思ったことがある方は、ぜひ参考にしてください。 それは、ただ単に行儀が悪かったり、そのためにあなたの大切な家具を壊しているのではないことに注意することが重要です。 猫は健康で丈夫な爪の筋肉を維持するために、ひっかき行為を行っています。 また、この活動は、猫の爪の鋭さを保ち、爪の鈍く死んだ部分(別称:鞘)を取り除くのにも役立ちます。 ですから、特に室内飼いの猫には、常に爪の手入れができるような粗相のないサービスを提供することが大切です。 もしあなたの猫が従来のスクラッチポストに興味を示さないようであれば、スクラッチマットを選ぶとよいでしょう。

オプション2:猫の爪切り

猫の爪切りは、世界で最も簡単な仕事ではありません。 でも、いいことに、猫はたいてい自分で爪を切ってくれます。 室内飼いの猫が、せっかく用意したひっかき家具をあまり使いたがらない場合、これが問題になることがあります。

意外と知られていないのが、猫の爪の中心には血管が通っていることです。 これを切ってしまうと、猫に大きな痛みを与えてしまうのです。

Option 3: Head to the Veter

cat claw problems
Garden furnitureをなくさないように、猫用の家具を用意するのが賢明です!

Option 3: Option 3: Head to the Veter

cat claw problems
Garden furnitureをなくさないように、猫用の家具を用意するのが賢明です。 画像は

愛猫のパッドや爪、足先が炎症を起こしたり赤くなったりしていることに気づいたら、迷わずすぐに獣医に連絡し、治療を受けてください。 一般に、足の指に炎症がある場合は、猫が何らかの外傷を受けたことを示しています。 獣医師は、猫の足のレントゲン写真を撮って、損傷の程度を調べようとするでしょう。 腫れや損傷の明らかな兆候は、猫にかなりの痛みを与えていることでしょう。

To Sum Up

グルーミング中は、常に猫の爪床に注意を払うようにしてください。 愛猫が許してくれるなら、愛猫の前足をバンドで挟み、パッドをそっと握って爪を突き出すことで、爪の健康状態をチェックできます。 このとき、炎症、汚れ、粘液、血液などの兆候がないかどうかを確認します。 分泌物がある場合は、感染の明らかな兆候であり、獣医に行く必要があります。 猫の爪の問題は、通常、非常に簡単に解決することができます