Articles

白亜紀の南極地域

現在のオーストラリアと同じように、東ゴンドワナには多くの固有動物が生息しており、その中には他の白亜紀の世界では絶滅した科の残存種が多く含まれていました。 白亜紀後期の極地には、オルドビス紀に祖先を持つ動植物が生息していた可能性がある。 白亜紀後期に南極大陸が徐々に孤立したことで、ウェッデリア州という水生生物の独特のグループが生まれた。

恐竜編

鳥編

初期のペンギン(上のワイマン)は白亜紀後期に存在した可能性があります。

現代鳥類の祖先であるネオルニテスの遺骸は中生代には珍しく、南極の新第三紀に大きな放射が起こっている。 しかし、ベガ島で白亜紀後期のベガビスというガチョウに似た鳥が発見されたことから、白亜紀にはすでに現代の主要な鳥類群が一般的であったことが示された。 また、ベガ島ではセリ科の未同定鳥の大腿骨が発見された。 ダイナソー・コーブには鳥の足跡が保存されており、ほとんどの白亜紀の鳥類よりも大きいことから、白亜紀前期に大型のエナンチオールニテスまたはオーニツール型の鳥類が豊富にいたことを示している。

白亜紀後期のチリと南極で原始のハシボソガラスと考えられる2種類の潜水鳥が発見された。 ネオガエオルニスとポラロルニスである。 Polarornisは潜水と飛行の両方が可能であった可能性がある。 最古のペンギンであるクロスバリアとワイマヌは暁新世の61-62 Maに知られているが、分子レベルのデータからペンギンが最初に進化したのは白亜紀後期であることが示唆されている。 480>

Non-avianEdit

Australovenator はオーストラリアで見つかった獣脚類の中で最も完全なものである。

恐竜化石は南極地方からは珍しく、主な化石産出地はジェームズ・ロス島群、南極のベアドモア氷河、クイーンズランド州のローマ、ニュージーランドのマンガホワンガ川、オーストラリアのビクトリア州のダイナソーコーブである。 この地域の恐竜遺体は、ビクトリア州などでは断片的なものしかなく、その同定には議論の余地がある。 例えば、アベリサウルス類の可能性のあるアロサウルス類、アンキロサウルス類の可能性のあるセレンディパセラトプス類、分類が難しい獣脚類のティミムスなどは、結果として同定に異論がある。

ジュラシック時代のパンゲア大陸は分裂する前に主要恐竜群に世界分布を認め、南極型と他の地域で見つかった型の間にはテティス海洋で分離されてもいくつかの近縁同型が存在した。 しかし、白亜紀の間に汎ゴンドワナ分布を達成した恐竜群は、南極大陸を経由してオーストラリアと南米を結ぶランドブリッジを南極地域で利用しなければならなかったはずである。 南極のイグアノドン類Muttaburrasaurusは、白亜紀後期にヨーロッパで優勢であったヨーロッパのラブドドン類に最も近縁なグループである。 白亜紀の南極のクンバラサウルスは、最も基層の(原始的な)アンキロサウルスであることが確認されており、これはアンキロサウルスがゴンドワナとローラシアの両方で知られていることから、重要である。 ドロマエオサウルス科は南極大陸から知られており、以前は世界中に分布していた個体群の生き残りである。 このように大陸横断的な移動が見られるにもかかわらず、南極恐竜が冬の間に極地の森から移動したとは考えられない。アンキロサウルスのように巨大すぎるか、トロオドン類のように小さすぎて長距離を移動できないか、また東ゴンドワナと他の大陸の間には大きな海があり、後期白亜紀にはそうした移動は不可能であったからである。 また、獣脚類のティミムスのように、冬眠する恐竜もいたかもしれない。

ヒプシロフォドンに似たDiluvicursorのイラスト

これまで見つかった中で最も多く、多様なグループは、オーストラリア南東部で見つかった恐竜分類群の半分を占め、より熱帯地域では見られない、おそらく極地で他の恐竜に対して何らかの優位性を示すヒプシロフォドン的恐竜たちであった。 小型で歯列を削るため、ライコモドやポドカープの種子の鞘など、低地の植物を食べていたと思われる。 鱗翅目(りんしもく)のLeaellynasauraは、熱帯の鱗翅目(りんしもく)の恐竜よりも大きな眼窩を持ち、鋭い夜間視力を有していた可能性があることから、Leaellynasaura、そしておそらく他の鱗翅目の恐竜は極地の冬を含めて1年中、あるいは1年の大半を極地で暮らしていたことが示唆される。 骨格の成長は生涯を通じて継続的で、冬眠はせず、内熱か恒温か、あるいは穴を掘ることによって可能であった。 しかし、大きな目は単に先天性によるものである可能性もあり、つまり、比較的大きな眼窩は幼生にのみ見られる特徴であったか、あるいは既知の標本が1つしかないことから、生まれつきの欠陥であった可能性もある。 ヴィクトリア時代の獣脚類は、ケラトサウルス族、スピノサウルス族、ティラノサウロイデア、マニラプトラ、オーニソミモサウルス、アロサウロイデアという7つのクレードに分類されています。 しかし、ティラノサウロイデスは他のゴンドワナ大陸では知られておらず、ローラシア大陸北部でより多く知られている。 他のゴンドワナ大陸の頂点捕食者がアベリサウルス類やカルカロドントサウルス類であったのとは異なり、オーストラリアで発見されたオーストラロベナートル、ラパートル、無名種は、東ゴンドワナではメガラプトラ類が頂点捕食者であったことを示唆するものである。 ニュージーランドのジュラ紀後期から白亜紀初期の岩石から「ジョアン・ウィフェンの獣脚」と呼ばれる未知の獣脚類の尾椎が発見された。

ウィントンノチタンは南極地方に生息していた可能性が高い。

ウィントン層から発見された3体のチタノサウルス(サバナサウルス、ディアマンティナサウルス、ウィントンティタン)と1体のマクロナリア(アウストロサウルス)は、白亜紀オーストラリアの竜脚類を構成するが、白亜紀には南極域にあったオーストラリア南東部に彼らの遺体は全くないので、おそらく極地を避けていたのであろう。 しかし、少なくともティタノサウルスは、パンゲア大陸の分裂後の白亜紀に進化したため、南米からオーストラリアに移動し、南極大陸を通過する必要があった可能性がある。 白亜紀中期のボナレリ現象によって南極大陸が温暖化し、竜脚類が生息しやすくなった可能性がある。 これらの恐竜は、おそらくポドカプやイチイの木の多肉質の種子や、当時ありふれたフォークシダを餌にしていたのであろう。 アウストロサウルスは、白亜紀の竜脚類よりも原始的な、ジュラ紀中期の竜脚類の生き残りである可能性がある。 赤道で局所的に絶滅した恐竜が、より極地を好むようになった可能性がある。

暁新世 編集

Main article: 暁新世の恐竜

小惑星の衝突後、続く衝突の冬に恐竜は中生代の生物の多くとともに白亜紀-古第三紀の絶滅イベントで死滅したと考えられている。 しかし、この時期の南極やオーストラリアの堆積物には、植物や二枚貝の化石に急激な絶滅の地平が見られないことから、南極地域ではそれほど強力な衝撃がなかったと考えられる。 白亜紀の極域に生息する恐竜などの動物が暗くて寒い気候の長期間の生活に適応していたことを考えると、このようなコミュニティがこの出来事を生き延びたのではないかと推測されている。 クーラシュクスは、おそらく最後のテムノスポンジ類で、ライバルである新口動物(現代のワニ類を含む爬虫類グループ、10℃以下の水中では活動できない)が寒すぎて生き残れない地域で生き残ったものと考えられています。 白亜紀のオーストラリアからは新口動物が知られているが、彼らは極地には近づかず、陸路ではなく海路でオーストラリアに到着したと考えられている。

イシスフォルディアは、白亜紀前期の内陸部のエロマンガ海に生息する新口動物であった。

100mya前後の白亜紀中期のボナレリイベントで気温が上昇し、新口動物が南極に生息するようになるまで、テムノスポンジルはオーストラリア極地の淡水系に生息していたようです。 この新口動物が成体になっても体長2.5メートル以下であったため、より発達したエイ科の魚がテムノスポンジルの幼生を狙うようになり、テムノスポンジルが絶滅した可能性が高い。 新生爬虫類の移動は、冬の平均気温が5.5℃以上、年間平均気温が14.2℃以上であったことを示唆している。 しかし、極地新獣類はイシスフォルディアのほぼ完全な骨格からしか知られておらず、他の新獣類は種が未定である。

プレシオザウルスは、その遺跡の位置からして淡水の川や河口系に生息し、おそらくオーストラリアには初期から中期にかけて植民したものと思われる。 白亜紀後期のオーストラリア南東部からは歯を中心とした遺骸が記録されているが、遺骸がまばらであるため記載されていない。 この歯は、白亜紀前期に絶滅したプリオサウルス類、特にロマレオサウルス類やレプトクレイダス類と親和性があり、白亜紀の極域淡水系がプリオサウルス類の避難場所であった可能性が示唆される。 現代の海洋爬虫類とは対照的に、これらの南極のプレシオサウルスは、おそらくより冷たい水への耐性があったと思われる。

OceansEdit

クロノサウルスに襲われるオーストラリアのウールンガサウルス

南オーストラリア州の白亜紀前期から中期の海洋爬虫類遺跡には5科のプレシオサウルス-Cryptoclididae.が含まれる。 エラスモサウルス科、ポリコティル科、ロマレオサウルス科、プリオサウルス科、魚竜科オプサルモサウルス属の5種。 また、プレシオサウルスの幼体もいくつか発見されており、栄養豊富な沿岸海域を出産場所として利用し、寒さがサメなどの捕食者を遠ざけたことがうかがえる。 発見されたプレシオサウルスのほとんどは国際的に分布していたが、オパリオネクテスや新種のクリプトクリプトのような固有種が存在した。 1928年には、エラスモサウルス類のウールンガサウルスという怪しげな種が命名されましたが、これはオーストラリアの海洋爬虫類に関する最も古い記述のひとつです。 また、軟体動物、腹足類、アンモナイト、硬骨魚、キマイラ、イカに似たベレムナイトの遺骸もいくつか出土している。 沿岸域は冬季に凍結するため、これらの爬虫類は冬季に北上し、熱帯の爬虫類よりも代謝が活発で、現代のアメリカアリゲーター(Alligator mississippiensis)のように淡水域で冬眠するか、現代のオサガメ(Dermochelys coriacea)のように内温性だった可能性があります。 オーストラリアのより北にある地域では、プレシオサウルスが少なく、魚竜やウミガメが多いことから、プレシオサウルスが寒い地域を好んだと考えられる。

ニュージーランドのカイウヘキアの復元

ニュージーランドや南極では白亜紀後期の海洋性プレシオサウルスやモササウルスがいくつか発見されているが、マウイサウルスなどのように固有のものもあれば、プログナスドンなど国際的に分布しているものもある。 エラスモサウルスとプリオサウルスは、この地域から1〜3種が知られている。 南半球では、南極のMorturneria、南米のAristonectes、ニュージーランドのKaiwhekeaの3種のクリプトクリプトが発見され、この地域の白亜紀後期におけるこの科の多様化と南洋初期の生産力の上昇を示唆している。

PterosaursEdit

Eromanga海域にはブラジルのAnhanguera(上)に似た翼竜が棲息した

白亜紀前期オーストラリアには二つの翼竜のクレードがある. PteranodontoideaとCtenochasmatoideaは、主にToolebuc層とクイーンズランド州、ニューサウスウェールズ州の地域に由来する遺跡である。 白亜紀のオーストラリアには少なくとも6種類の翼竜が存在したと考えられているが、遺骸が断片的であることから、回収された化石の多くは未同定の翼竜のものである。 化石は浅い水域やラグーンなどで発見され、魚などの水生生物を食べていたことがわかる。 白亜紀に生存していた唯一の古細菌類であるクテノカスマタイト類。 オーストラリアで発見された白亜紀前期の翼竜の歯は、ミトゥンガと白亜紀後期のアンハングエリッドと思われるものだけである。 翼長は4.5mと推定され、他のどの始祖鳥類よりも大きいが、この翼竜はAnhangueridaeまたはOrnithocheiridaeに近い可能性がある。 白亜紀後期の翼竜のうち、西オーストラリアのカーナーヴォン盆地とパース盆地で見つかったアズダーキ科の遺骸だけが分類された。 また、白亜紀前期に絶滅したと考えられていたOrnithocheiridaeの代表種が白亜紀後期の西オーストラリア州で発見され、Ornithocheiridaeは白亜紀中期に絶滅したと考えられる。

MammalsEdit

Steropodonの復元

白亜紀前期のオーストラリアから7種の哺乳類が発見された。 白亜紀前期オーストラリアからは、未記載のオーニソリンキッド、クリオリクテス、コリコドン、アウスクトリボスフェノス、ビショップス、ステロポドン、コリーバアタールの7種が発見され、いずれもこの時代のオーストラリアの固有種であった。 白亜紀前期にオーストラリアと南米を結ぶ南極陸橋を哺乳類が渡り、ジュラ紀に超大陸パンゲアを渡ってオーストラリアの固有哺乳類の祖先が到着したと考えられる。

無脊椎動物編

ニュージーランドの南極白亜紀堆積物から昆虫や甲殻類の化石が数種知られている。 白亜紀後期の南緯68度のMangaotanean Monro ConglomerateからはHelastia sp.の化石が、南緯76度のSwale SiltstoneからはAlbian後期のHemioon novozelandicumというカニの化石が発見された。 また、南緯79度のチャタム諸島のトゥプアンギ層からは、セノマニアンからトロニアンにかけて、昆虫の標本が数点見つかっている