Articles

第10章

遷移

まず、こんなことを言わなければならない。 今日、Spec Scriptsでは、トランジションは嫌われ者であり、素晴らしいダイアログに使える数行の無駄であり、絶対に必要な場合のみ使用されます。

ルール:
トランジションを使用する場合、左マージンは6.5インチ、右マージンは1.0インチです。 トランジションはすべて大文字で、ほとんどの場合、アクションに続き、シーンの見出しの前に置かれます。

Transition には次のようなものがあります:

  • CUT TO:
  • DISSOLVE TO:
  • SMASH CUT:
  • QUICK CUT:
  • FADE TO.T:
  • FADE TO.T:
  • CUT TO:
  • CUT TO:
  • FADE OUT(決してスクリプトの終わりではありません)

Writing Tip:
Transition を仕様スクリプトで使用する唯一のタイミングは、ストーリーを語る上で不可欠な場合のみです。 たとえば、時間の経過を示すために TIME CUT: を使用することがあります。 より一般的には、DISSOLVE TO:は時間が経過したことを示します。 あるいは、先ほど見たものと新しいシーンにあるものとの間に何らかの相関関係があることを説明したい場合は、MATCH CUT:を使う必要があるかもしれません。

Software Tip:
Most Transitions are already programmed into script writing programs, capitalized and lined up for those rare occasions when you cannot resist to use one.

Frankie pulls on a pair of shorts, slips into some running shoes and exits. CUT TO:

(Remember, the Cut To: will probably be left out in most spec scripts these days.) 脚本にかなり習熟しなければ、絶対必要なとき以外はこれらを使用しないようにしましょう。 それが示すのは、完全な場所の変更です)