Articles

「遺言状」対「特別管理状」 – サクラメント CA|信頼できる検認・遺産管理弁護士

最近、興味深いケースがありました。 被相続人が他の司法管轄区に信託されていないお金を持っていたのです。 しかし、それは異なる司法管轄区にあり、異なる法律があり、銀行口座には米国では普通ではないファンキーなタイトルがあるようなのです。 単に、銀行員が何を望んでタイトルをクリアしたのかが明確でなかっただけなのですが。 これは大きなお金が動くことであり、時間が重要であることを付け加えておきます。 当初、私は彼らが「手紙」を欲しがっていると言われましたが、手紙にはたくさんの種類があり、彼らはどれを欲しがったのでしょうか。

「手紙」を得るということは、検認裁判所へ行くということです。 しかし、絶対に完全検認をするということではありません。 オプションがあり、それぞれかかる時間も違えば、費用も違います。

1) 遺言状 – 被相続人が遺言を持っていて、遺言執行者が裁判所から任命されている場合。

2) 行政状 – 基本的に遺言状と同じですが、遺言がないか、遺言執行者と名付けられた人が送達していない場合(すなわち、遺言が添付された文字のための請願)

3) 特別行政状の手紙 – 上記とは全く異なるものです。 通常、短期的(一時的)な解決策で、場合によっては緊急に(一方的に)取得することができます。

では、この場合、銀行家は本当に何を望んでいるのでしょうか。 私はクライアント(指定執行者)に説明したように、選択肢があります。 以下は、私がクライアントに話した内容を修正したものです (弁護士とクライアントの通信を非公開にするため):

“Jimmy: (本名ではない)
私の懸念は、私にはいくつかの異なる方向に進む可能性があるということです。

当初は、特別管理部門のレターを申請しようと考えていました。 これは基本的に一時的な位置づけです。 私は、裁判所が与える最大の権限を求めますが、具体的に何を言うかは不明です。 しかし、考えれば考えるほど、通常の検認も申請したいと思うようになりました。 その方が裁判での成功確率は高いのですが、最初の裁判の日がいつになるかは裁判所の言いなりです。 興味深いことに、遺言検認規定では、裁判所は申請から30日以内に裁判期日を与えなければならないとされています。 しかし、ほとんどの裁判所では、「must」という単語は任意であり、1ヶ月から3ヶ月先まで最初の裁判の期日が決まっている可能性があります。 裁判の日程が決まれば、ほぼ間違いなく遺言状がもらえます。 これは基本的に、裁判所が遺言を受理したということですから、銀行が受理する可能性は少し高くなります。 これは遺言検認の書類の中で最も重要なものだと言えるでしょう。 銀行がこれを受理したら、財産がないものとして検認を終了します。 実際には、債権者が請求できるように、4ヶ月間放置されますが、ご両親には債権者がいないのでしょう。 早ければ来週にも発行されるかもしれませんが。 しかし、裁判所にいる弁護士の時間と裁判所の出願手数料がかかります。

これが2つの異なる方法で手紙を求めることに意味があるかどうか、銀行が提供する他の情報を教えてください。

電話でチャットしたい場合は、火曜日と水曜日に時間があります。 ここはグレーゾーンですね…。 単純にひとつの答えが通用するわけではありません。 オプションがあるのです。 この場合、銀行が何を望んでいるのかがはっきりしないので、それが最初のステップです。

私にとってこれは、遺言検認が、自分でできる本が示すよりもはるかに複雑であることを示す好例です。 このような状況のための本はありません!

-John