Articles

1

前立腺がんは、男性に2番目に多いがんである。 実際、男性の9人に1人が生涯のうちに診断されることになります。 米国がん協会は、2019年に174,650人の新規症例と31,620人の前立腺がんによる死亡を予測しています

現在のスクリーニング技術により、前立腺がんは現在多くの場合、十分に早期に発見されるので、治療により前立腺内にとどまり、広がったり患者に害を及ぼすことはない。 しかし、前立腺の切除や放射線治療などの積極的な治療は、排尿や性的機能に困難をもたらす可能性があります。

筆頭著者でUTMB教授兼放射線学科長のWalser氏は、焦点レーザー切除(FLA)というがん性の前立腺組織のみを狙い、除去する侵襲性の低い方法の確立に貢献しました。 この外来手術は回復や痛みがほとんどなく、勃起や排尿の機能も維持されます。

Walser氏は、「FLAは、根治治療に対する従来の選択肢である積極的監視や『注意深い待機』よりも安心感をもたらします。 「FLAは、MRI画像で前立腺の癌の疑いがある領域を特定し、先進のレーザー技術で完全に除去し、インポテンツや失禁のリスクはほぼゼロです」

FLAで治療した低から中リスクの前立腺癌の男性120人では、生活の質や尿機能に目立った変化はなく、1年後に追加の癌治療が必要な人は17パーセントでした。 しかし、これらの男性はすべて精子数の大幅な減少に気づきました。

「他の研究では、前立腺を完全に除去した後、患者の15~30%が手術後5~10年以内にがんを再発することが示されています」とWalser氏は述べています。 「FLAはまだそのような長期的なデータを持っていませんが、この技術は最終的に生活の質をよりよく維持しながら、同様のがん制御を提供するかもしれません」

他の著者はUTMBのアン・ナンス、レスリー・イナルヴェス、シャン・ヨン、ジャクリーン・アウステン、エドワルド・エイヤギレ、スティーブン・ウィリアムズを含んでいます。