Articles

4月のベラクルス侵攻

アメリカ国内でも反対の声が上がったが、同時に急速な支持も得られた。 ウィリアム・ランドルフ・ハーストのタブロイド紙は、1898年にキューバで行ったように、ベラクルス上陸に賛同するだけでなく、国全体への侵攻をキャンペーンしたのである。 作家のジャック・ロンドンは、革命的な感情と白人至上主義の人種差別的な倫理観を併せ持ち、雑誌『コリアーズ』にこう書いている。 「ベラクルス人は、アメリカ人に征服されたことを長く記憶にとどめ、アメリカ人が再び彼らを征服する至福の日を待ち望むことだろう。 彼らはこのように時間の終わりまで征服されることを気にしないであろう」

実際、ベラクルス人は怒りで反応した。 アメリカ軍は正規軍と対峙する必要はなかった。 (石工、警察官、大工、道路清掃人、商店主、海軍兵学校の学生、囚人まで、ベラクルスに住む人々が抵抗した。 屋上からレンガを投げてアメリカ軍を攻撃した若いジュディス・オロペサ、平屋に弾薬ベルトを置いて「外人」に向けて発砲した「アメリカ」というあだ名の売春婦、旧式の機関銃でたった一人でアメリカと戦っていた海軍兵学校の仲間の退路を守ったホセ・アズエタ砲兵中尉など、ほとんどすべてのベラクルーサ家の人々が少なくとも一つの英雄的行為の思い出を大切に思っているのである。 戦闘が終わるまでに、193人のメキシコ人(アズエタ中尉を含む)と19人のアメリカ兵が死亡した。

アメリカの介入は、明らかにその目的を達成することができなかった。

アメリカの介入は明らかに目的を達成できなかった。それは数ヵ月後のフエルタ将軍の失脚にわずかに貢献しただけで、メキシコの内戦の結果にはほとんど影響を与えなかった。 遠征軍は7ヶ月間メキシコに留まり、ヴェヌスティアーノ・カランサの立憲主義者軍の手に委ねられた。 アメリカ海兵隊の保護が必要ないため、この地域の油田は、内戦が終わるまで大量に生産されたままであった。 ヨーロッパの列強、特にイギリスとドイツはメキシコから撤退したが、彼らの撤退はアメリカの介入とは無関係であった。 第一次世界大戦が勃発したのである。 そして、ウィルソンはもちろん「メキシコ人に民主主義を教える」ことに成功しなかった。

介入が達成したのは、メキシコ人の間に再びわだかまりが生まれたことだった。 何千人ものベラクルス人が、侵略者との協力関係を避け、静かに国内亡命していった。 アメリカ人の臨時政府との協力に前向きな市民は少数派であった。 メキシコの並行政権が国民のニーズに応えた。 ベラクルスでの経験は、ドミニカ共和国、ニカラグア、特にキューバといった他のカリブ海諸国のナショナリズムに光を当てている。 これらの国々ではいずれも、侵略者の物理的な存在によって深い憤りが掻き立てられたのである。 キューバでは、アメリカは、アメリカの外交政策とアメリカの私的な利益との完全な同一化に基づく保護領の確立という極端に踏み込んだ。 その結果、1922年、あるキューバのジャーナリストは、「北米に対する憎悪がキューバ人の宗教になるだろう」と予言した