Articles

AdvantEdge Workspaces Blog

良いオフィススペースは良い従業員のようなものだ。 shell_spaces_blog_image.jpg 隠し事がなく、言い訳もせず、すぐにでも働き始めることができる。 シェルスペースは、ワークプレイスの世界では、履歴書を捏造した社員と似ていると思われることがあります。 そのため、このような「掟破り」のような、「掟破り」のような、「掟破り」のような、「掟破り」のような、「掟破り」のような、「掟破り」のような、「掟破り」のような、「掟破り」のような、「掟破り」のような、「掟破り」のような、「掟破り」のような、「掟破り」のような、「掟破り」な「掟破り」のような・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P. 58 p. 7075>

その昔、大企業では、プライバシーを確保するためにキュービクルが導入されるまでは、ブルペンレイアウトに労働者を押し込めることが普通でした。 当時は贅沢品として、また周囲の騒音を軽減するために導入されました。

若い企業がお金を節約したいと思うのは当然ですが、だからといって、完全に改装されていない、あるいは家具がついていないスペースで妥協するのは、いかがなものでしょうか。 この種のリースは、建築許可、OSHA および ADA のコンプライアンスなど、あなたが責任を負うことになるものを正確に理解した上で、締結すべきものなのです。

シェルスペースは万人向けではなく、そのヒップな美的魅力は、実際には従業員の生産性の妨げになることが多いのです。 共同作業スペースは素晴らしいものですが、デスクの向かい側で大声で会話したり、プライバシーがないことは、納期を守る上で致命的となりかねません。 オープンスペースとプライベートスペースの組み合わせは、全体的な生産性にとってより理想的なのです。

次に、ロジスティクスを考慮する必要があります。 オフィススペースのメンテナンス、電話やインターネットの契約、受付サービス、郵便サービス、備蓄のあるキッチンなど、オフィスを運営する日々の業務には、時間か正社員のどちらかのコストがかかります。

そこで登場するのがシェアオフィスです。

そこで、シェアオフィスが登場します。ニーズと予算に合わせてカスタマイズできるワークスペースから構成されています(同時に、ビジネスと人材に関する自主性も認められます)。 技術的な設備を備えたスイートルーム、ライブの受付サービス、プロのサポートスタッフなど、シェアオフィスはあなたのビジネスと収益に利益をもたらす「新しい雇用」であることが保証されています。