Articles

Antares launches Cygnus cargo spacecraft to ISS

ARCADIA, Calif – Orbital ATK Antaresロケットは、5月21日にシグナス貨物宇宙船を国際宇宙ステーションに向けて打ち上げ、独立企業としての同社の白星となるかもしれないミッションで成功を収めた。

Antaresは、バージニア州Wallops島のMid-Atlantic Regional Spaceportのパッド0Aから、5分間の打ち上げウィンドウが終了する午前4時44分に離陸しました。

ロケットは打ち上げ9分後にシグナス宇宙船を軌道に乗せ、約1時間後にシグナスは双子の太陽電池アレイを展開した。

打ち上げ後のブリーフィングで、NASAのISSプログラム・マネージャーであるカーク・シャイアマン氏は、「とにかく素晴らしい、素晴らしい打ち上げだった」と述べました。 「

シグナス宇宙船は、オービタルATK社の故重役にちなんで「S.S. J.R. Thompson」と名付けられ、ISSのために3350kgの貨物を搭載しています。

この宇宙船に搭載されている科学実験装置は、レーザーを使って原子をほとんど動かなくなるまで減速し、地球上で可能な温度よりもはるかに低い温度に冷却する実験である「コールドアトムラボ」などが含まれます。 また、「Biomolecule Extraction and Sequencing Technology」実験では、無重力や長時間の宇宙飛行の影響に関する研究をサポートするDNAの配列を簡単に決定できる装置をテストします。

NASAは、シグナスを使って、ステーションの軌道を押し上げる能力をテストすることも計画しています。

このテストは、シグナスが後でステーションの再ブーストや、最終的にはステーションの寿命が尽きたときに軌道を外すために使用できるかどうかを実証することを目的としていると、Shiremanは述べています。 「

この打ち上げは、オービタルATKの独立企業として最後のものになるかもしれない。 ノースロップ・グラマンは昨年9月、オービタルATKを92億ドルで買収する契約を発表した。 ノースロップ社の幹部は4月、米連邦取引委員会から規制当局の承認を得れば、今年前半に買収が完了する見通しだと述べていた。

オービタルATKの役員は、合併が完了しても、アンタレスやシグナスの運用に変化はないだろうと述べた。 5月20日の打ち上げ前のブリーフィングで、オービタルATKの先進プログラム部門の副社長兼ゼネラルマネージャーであるフランク・デマウロ氏は、「我々はそれらをこれまでと同じ方法で構築、テスト、運用することを期待している」と述べた。 「このミッションは、Orbital ATKのNASAとの最初の商業補給サービス(CRS)契約の下での9番目のものである。 その契約の下ではあと2つのミッションが残っており、1つは今年末、もう1つは2019年初頭に予定されている。 同社はその後、2019年後半から少なくとも6回のシグナスミッションを含むフォローオンCRS-2契約に移行する予定だ