Articles

Artificial Scarcity

Wikipedia より http://en.wikipedia.org/wiki/Artificial_scarcity

“Artificial Scarcity は、豊富に作る技術や生産能力があるのに、物が不足していることを表します。 この用語は、無価値な資源、つまり一人が使用しても減らない資源に適していますが、人為的に希少な資源と分類されるものもあります。 最も一般的な原因は、知的財産権による独占的な価格設定や、特定の市場における高い固定費である。 人為的希少性に伴う非効率性は、正式には重錘体損失として知られています。

人為的希少性の例として、独占的、またはクローズドソースのコンピュータソフトウェアについて説明するときによく使われるものがあります。 どんなソフトウェア・アプリケーションも、比較的安い生産価格 (コンピュータへの初期投資、インターネット接続、およびあらゆる電力消費コスト) で、何十億回も簡単に複製することが可能です。 マージン上では、ソフトウェアのコピーの価格は、わずかな電力とほんの数秒のコストしかかかりません。 シリアル番号、ライセンス契約、知的財産権といったものは、ビジネスが金銭的利益を得るために生産量を人為的に下げることを保証し、その結果、ビジネスにソフトウェアを生産するインセンティブを与えている。 テクノクラートは、もし価格システムがなくなれば、製品に人為的に希少性を作り出す個人的なインセンティブがなくなるので、オープンソースのディストリビューションモデルに似たものが存在するだろうと主張します。”(http://en.wikipedia.org/wiki/Artificial_scarcity)

ZikZak: Why Abundance is Destroyed

「豊かさは間違いや偶然では破壊されないのです」。 利潤を追求する組織は欠乏に依存しているので、欠乏が自然に発生しないときは、それを作り出します。

ほとんどの余分な食べ物や衣類、その他の貴重品は、ただ「腐る」だけではありません。 生産者や小売業者によって積極的に破壊される。なぜなら、人々に提供することで有用な目的に使用すると、生産者や小売業者が利益を得るために依存している希少性が損なわれてしまうからである。 市場は、誰もが必要なだけ手に入れられるような巨大な過剰を作り出すことに成功したが、この過剰は、市場の主要なプレーヤーの成功を損なっている。 そのため、彼らは時代遅れのビジネスモデルから利益を得続けるために、人工的な欠乏を再び作り出すためだけに、さらなる仕事をしなければならないのです」(http://www.boingboing.net/2010/02/08/marina-gorbis-crowds.html)

” 私はアメリカ企業の廃棄物の流れをふるいにかけることにかなりの経験があり、その廃棄物にある有用なものを、ホームレスシェルターや無料食料プログラムのような有用な目的へと転用する多くの試みに加わっています。 これがうまくいくこともありますが、多くの場合、これらの取り決めは小売業者や流通業者から敵意を向けられます。

私が言っているのは、「ねえ、あなたがものを全部捨てたら、私たちが寄っていって、困っている人たちにあげるから、いい? 会社側では、引っ越し、保管、仕分け、配布は不要で、ご指摘の通り、すべてボランティアが提供します。 必要なのは、彼らがいつも通りに行動し、私たちが余分なものを取りに来ても、そっとしておいてくれることなのです。 そのかわり、余剰品の回収を妨害するために警備員を雇っている企業があります。 私はダンプスター・ダイバーについて話していますが、ダンプスターに入る前にフードバンクや慈善団体に廃棄物を流用しようとする従業員の試みについても話しています。 余分な商品を確実に破棄するために、セキュリティの仕組みがあるのです。 小売業で働く人は、余分なもの、返品、「不完全な」商品をすべてゴミ圧縮機に積み込み、店長が見ている前でそれらを粉砕するよう要求されることを知っています。 実際、大企業を支配し運営する人々にとってはまったく問題ではなく、意図的に構築された状況なのです。 残念ながら、このような状況を変えるには、調整システムを改善する以上のことが必要です。 それは、私たちが経済とどのように関わり、経済が私たちにしてくれることを期待するかという転換が必要なのです」(http://www.boingboing.net/2010/02/08/marina-gorbis-crowds.html)

情報などの非競合財は本質的に希少ではないが、石油などの競合財はそうだという人がいるでしょう。 私はそうは思いません。 石油の量というものがあるのです。 それは豊富でも希少でもありません。 ただ、あるのです。 私たちが石油を希少であると認識するのは、その文脈を作り出すために構築されたヒューマン システムです(http://alanrosenblith.blogspot.com/2010/09/scarcity-is-illusion-no-really.html)

Strategies to Induce Artificial Scarcity

JP Rangaswami:

” デジタル資産に関して言えば、人工的な希少性を生み出そうとする主な方法は4つある:

1. デジタルなものの権利を地域単位で販売し、その地域の壁を乗り越えようとする者を訴える。 Karen Murphy のケースはまさにその例です……サッカーにおけるボスマン判決も同様のケースでした。ガーデニング休暇を強制するあらゆる試みは、個人の自由を制限する試みであるとも考えられます。

2. DVD やあるクラスのビデオゲームで行われているように、資産を地域ごとに暗号化する。 .

3. デジタル資産のリリースを地理的だけでなく時間的にもスライスし、歴史的なビジネス モデルを守るために、リリースを世界に点滴する。 数日前、Hugh Macleodの本をレビューしたところ、イギリスの読者から、この本は数カ月間こちらでは入手できないだろうと指摘されました。 著者のHughはそのコメントを見て、出版界はそのように動くことを主張しているようだと告白しました。

Roberto Verzola on the CounterProductive Laws that Induce Artificial Scarcity

Roberto Verzola:

“Counter-productive” とは、財やサービスの生産や交換を弱めたり抑制したりする法律のことである。 そのような法律は、時には善意で始まることもあります。 しかし、一部の強力な経済的利害関係者がそのような法律から不釣り合いな利益を得ると、その法律は当初の控えめな意図をはるかに超えて拡大、強化、拡張されることになるのです。 以前のブログで取り上げた「知的財産」法や、『Access to Knowledge in the Age of Intellectual Property』(Zone Books, 2010)という本の中のいくつかのエッセイもこの種の法律である。 他の逆効果の法律には、低出力のコミュニティ放送局による電波スペクトルへのアクセスを制限する法律や、農民が種子を商業的に配布する権利を制限する法律があります。

法律から利益を得る既得権者が十分に強力であれば、これらの法律は国際的に広まり、憲法規定に深く定着して、変えることがさらに困難になる可能性があります。

貿易関連の知的財産(TRIPS)プラス、植物品種保護の普及、ソフトウェアや生命体特許の導入、偽造品防止貿易協定、および同様の取り組みなどの進展は、このような逆効果の法律が拡大、強化、拡張され続けていることを示唆しています。

上に引用した本には、私のエッセイ「Undermining Abundance: このエッセイは、テクノロジーと同様に法律が、財やサービスにおける潜在的、初期の、あるいは実際の豊かさを損なうためにどのように使用されうるかをさらに探求しています。 それは、人工的な欠乏と豊かさの源泉を深く研究することにつながりました。 今日の主流の経済学は、欠乏については非常に詳細に研究していますが、豊かさの概念にはほとんど触れていません。 私はこのテーマに強い説得力を感じ、2008年にエッセイを提出した後、56歳にして再び経済学を学ぶために大学院に進学しました。 その結果、このエッセイは、「経済学は希少性と豊かさの研究であるべきだ」という論文に発展しました。

何年後かには、すべての経済学部で、経済は希少性と豊かさの間の力学によって形成され、経済発展とは希少性から万人のための豊かさへと向かうことを意味するという全体像を教えるようになることを願っています」(http://blog.p2pfoundation.net/roberto-verzola-on-counter-peerproductive-laws/2011/02/20)