Articles

BPAとプラスチックの害

ボトルからできたシンボルをリサイクル

プラスチックは、かつてないほど私たちの生活の中に存在しています。 調理方法から食べ残しを入れる容器に至るまで、すべての食品に関わっているのです。 体にどんなものを入れているかという意識が高まる中、私たちはある重要な要素を見逃しています。 私たちは食品を守るために包装に頼っていますが、その包装こそが私たちが心配すべきことなのではないでしょうか。

多くのプラスチック製品には有害な化学物質が含まれており、それが溶出という過程を経て私たちの体内に入り込みます。 浸出とは、プラスチックから、それが含まれる食品や飲料に化学物質が移動したり、漏れたりすることです。 プラスチックに含まれる化学物質には、ビスフェノールAを溶出するポリカーボネート、スチレンを溶出するポリスチレン、分解して塩化ビニルになるポリ塩化ビニルがあります。

私たちは、さまざまな形でこれらの有害なプラスチックに触れています。

  • 缶やカートンの裏地
  • 飲料容器、カップ、ストロー
  • 使い捨て食器や調理器具
  • 食品包装
  • 食品保存容器

健康に関する懸念

プラスチックへの一定の暴露は有害で、特に化学物質のBPAとすることが可能です。 この化学物質は内分泌攪乱物質で、内分泌(またはホルモン)系に干渉する可能性があります。 ホルモン系を狂わせ、深刻な健康問題を引き起こす可能性があるのです。 ここでは、高レベルのBPAで起こりうる主な問題をいくつか紹介します。

  • 肥満
  • 喘息
  • がん
  • 心臓病
  • 酸化ストレス

大量のプラスチックに触れている今、常にBPAにさらされないためにできることとは何でしょうか? BPAを体内に取り込む量を減らすために、簡単にできることがいくつかあります。 そのひとつが、プラスチック製のウェアを温めないこと。 プラスチックは熱を加えると、化学物質の移行量が増えます。 ですから、残り物を温めたいときは、プラスチック容器から取り出してください。 また、可能な限りプラスチックの使用を避けることもできます。 食品を保存するために、より健康的な他の方法を見つけることを検討してください。

しかし、これはプラスチックをすべて捨てろということでしょうか? もちろんそうではありません。 使い捨ての食器から手軽な容器まで、プラスチックは常に役に立ってきましたが、私たちは使うプラスチックの種類を選ぶことができます。 有害な化学物質で作られたプラスチックよりも、もっと健康的な選択肢があるのです。 バイオプラスチックは、プラスチックを楽しむための無害な方法を提供してくれるので、完璧なソリューションです。 有機物から作られたバイオプラスチックには、他のプラスチックに含まれる有害な化学物質が含まれていません。 バイオプラスチックは、健康への影響を心配することなく、同じようにあらゆるものに使うことができるのです。 バイオプラスチックに置き換えることで、健康を維持しながら、大好きなプラスチックを使うことができるのです。