Articles

Dog Bites & Animal Attacks

Dog Bite Attorney Serving Residents of Los Angeles

犬やその他のペットはしばしば家族の一員とみなされますが、毎年何千人もの人々が動物の攻撃で負傷し、緊急医療を必要とされています。 他人の犬やペットに襲われた場合、医療費やその他の損害賠償を取り戻すことができるかもしれません。 30年以上の経験を持つロサンゼルスの犬咬傷弁護士バン・H・スラッターは、ロサンゼルスおよび周辺都市の動物に襲われた被害者の権利を保護することができます。 これは、犬が以前に誰かを噛んだことがない場合、および所有者が彼または彼女の犬が悪質であることを知らなかった場合でも、所有者はまだ被害者の被害に対して責任があることを意味します。

所有者に対する請求をもたらす際に、原告は、犬が被告によって所有され、被害者が公共の財産または合法的に私有地にあった、被害者が犬に噛まれ、被害者が負傷したことを証明しなければなりません。 したがって、不法侵入者や犬に噛まれたときに違法に私有地にいる人は、この法律の下で補償を求めることはできません。 また、カリフォルニア州の犬咬傷法は、被害者が犬の使用を促した出来事に関与していない限り、軍や警察の仕事で犬を使用している政府機関に対して訴訟を起こすことを許可していません。

飼い主、ハンドラー、または動物を制御している他の人は、同様に法律の下で責任を負うと見なされる可能性があります。 しかし、彼らは所有者の厳格な責任基準に保持されていないと、彼らは犬の咬傷の被害者に責任を見つけることができる前に、そのような前の攻撃として、犬の悪質な傾向の知識を持っていた必要があります。 過失の請求は、彼らの不注意が被害者に害を引き起こした場合、周囲の状況下で犬を制御する際に合理的に注意していなかった非所有者に対しても行われることがあります。 768>

法律では、犬に咬まれた場合と、被害者が攻撃されたが咬まれていない場合とを区別していることに注意することが重要である。 例としては、犬が被害者に飛びかかったり、倒したり、ひっかいたりしたような状況である。 誰かが傷つけられたが、実際に犬に噛まれていないケースでは、請求は過失の法理論に基づいてもたらされるかもしれません。 過失の通常の主張の下で、原告は、被告が原告に義務を負っていることを証明しなければならない、被告はその義務に違反し、被告の違反は、原告の損傷を引き起こし、原告は損害賠償を被った

動物に襲われたときに何をすべきか

それは噛まれたり動物に襲われた後に動揺していることは正常ですが、それは冷静に、あなたが事件についてできるすべての情報を収集することが最善の方法です。 飼い主がいる場合は、名前、身分証明書、電話番号、住所などを確認しましょう。 動物が鎖につながれていたかどうか、正確な場所、動物の種類、その特徴などをメモしておきます。 攻撃の目撃者がいる場合は、あなたの弁護士が彼らと話すことができるように、彼らの連絡先情報を取得することを確認してください。 翻訳者が雇われることができるように言語は問題ではありません。

最も重要なのは、警察を呼び出すことです。 警察の報告書がなければ、それは何かがすべてで起こったことを証明することは不可能であるかもしれません。 攻撃に関する任意およびすべての情報は、あなたの弁護士がより良いケースを構築し、可能な限り最高のoutcome.

シーク犬咬傷ケース

のための法的指導は、しばしば傷跡、骨折、および他の壊滅的な損傷を引き起こす、深刻なものです。 ほとんどの状況で、あなたはペットの所有者に対して損害賠償を追求する権利を持っています。 経験豊富な弁護士とあなたのケースの詳細を議論することは、あなたの害の補償を回復するための法律だけでなく、あなたの選択肢を理解するのに役立ちます。 ロサンゼルスの動物攻撃弁護士バン・H・スラッターは、犬の咬傷、施設責任、その他の人身事故の請求を多数取り扱っています。 当事務所は、パノラマシティ、ベルフラワー、レセダ、カノガパーク、ダウニー、および南カリフォルニアの他の地域の住民に誇りを持ってサービスを提供しています。 無料相談のご予約は、当オフィス (310) 444-3010 までお電話いただくか、オンラインでお問い合わせください。