Articles

Eye Problems in Horses

by David Sauter, DVM
Horses have more than their fair share of eye problems compared when the other domestic animals are. 馬は陸上の哺乳類の中で最も大きな球体を持っている。
-馬の目は、人間の目よりも50%大きな画像を拡大する。
眼球が頭蓋骨の外側にあり、虫めがねのような形をしており、瞳孔が水平であるため、馬は単眼(二次元)の広い視野を持つ(各眼は左右195°、上から下175°を見ることができる)。 馬の場合、それは65ºとその視野である。
-水平方向の全視野は350ºである。
-馬はマズルの真正面に死角があり、尻の数フィート後ろにも死角がある
-馬は毎分5〜25回まばたきをする。
-馬はいくつかの色覚を持っている – 彼らは黄色、青と緑を見るが、よく赤い色合いを見ていない。

よくある目のトラブル

腫れまぶた
腫れまぶたの共通の原因は、固体との衝突やキックなどの頭への鈍器損傷の形で外傷が発生します。 眼球に異常がなく、まぶただけが腫れているのであれば、治療は簡単です。 非ステロイド性抗炎症薬が非常に有効です。 目の炎症には、ButeやEquioxxよりもBanamineの方が効果的です。 氷嚢を当てると痛み&腫れが軽減され、馬が冷たさの最初の衝撃に耐えられるなら、好むかもしれません。 まぶたの腫れ以上の傷がない限り、一般的に治療によって急速に改善します。 より深刻な外傷は、眼球そのものに重大な損傷を与える可能性があります。 例えば、眼窩骨の骨折、前房内への出血、ぶどう膜炎、水晶体の脱臼、網膜剥離などです。

まぶたの腫れの原因はほかにもあります。 虫刺されはよくあることです。 また、アレルギー反応も原因のひとつです。 アレルギー反応では、一般に両瞼が腫れ、マズルや鼻孔などの他の頭部構造も同様に腫れます。 眼&頭部を腫らすアレルギー反応はかなり深刻で、直ちに獣医の診察が必要な場合もある。

眼瞼裂傷
残念ながら、馬の眼瞼裂傷は珍しくない。 通常の引っ掻き行動が原因であることが多いようです。 馬の目は痒くなり、掻くのが好きである。 鋭利なものでひっかくと、不幸にも皮膚に刺さってしまい、馬は頭を後ろに振って瞼の縁を切り、瞼の縁が残ったまま目の下にぶら下がることになる。 このような損傷を修復する場合、眼球の表面をきれいにして潤いを保つという本来の機能を確保するために、まぶたの解剖学的な縁を正常に保つことが重要である。 そのため、まぶたの裂傷は、獣医による迅速な処置が必要です。 腫れはすぐに進行し、修復の妨げになります。

鼻涙管閉塞
馬には長い涙管があり、古い涙液を眼球から鼻孔に排出するようになっている。 この管が閉塞すると、涙が溢れ出し、顔面に流れ落ちます。 目の下の皮膚は炎症を起こし、慢性的な湿潤状態から汚れやゴミを引き寄せます。 最も一般的なのは、ゴミや粘液による閉塞です。 馬を軽く鎮静させた状態で、ダクトを洗浄することができます。 頭蓋骨の損傷、腫瘍、管内の瘢痕組織の結果など、閉塞が永久に続くケースもあります。

角膜擦過傷
馬はもともと活発で運動好きな動物である。 先に述べたように、彼らはまた、大きく目立つ目を持っている。 そのため、角膜の擦過傷など、眼球に損傷を受けることが多いのは、それほど驚くことではありません。 角膜の傷は、まぶたの腫れとは異なり、非常に痛い。 痛みで涙が過剰に分泌されるため、顔から涙が流れ落ちることもしばしばです。 他の部位の傷と同様に、傷ついた角膜は浮腫を生じます。 角膜浮腫は、正常な半透明の角膜を白濁させます。 傷ついた角膜は、ぶどう膜炎と呼ばれる目の奥にある炎症を引き起こします。 その結果、瞳孔が固く閉じられ、収縮します。 治療には、細菌感染を防ぐための眼科用抗生物質の外用が行われます。 痛みを和らげるために、ButeやBanamineなどの非ステロイド性抗炎症薬が重要です。 アトロピンは、瞳孔を開き、虹彩の筋肉をリラックスさせるために使用されます。

Equine Recurrent Uveitis (ERU)
この病気は、一般にMoon Blindnessとして知られています。 また、周期性眼症など、他の医学的名称もあります。 馬の失明の原因としては最も一般的なものの一つです。 米国での発症率は8%と推定されています。 この病気は免疫系の機能不全によるもので、いくつかのタイプや病期があります。 古典的なタイプでは、角膜の混濁、前房の混濁、激しい痛み、明るい光に対する過敏性、激しい瞳孔の収縮を伴う重度のぶどう膜炎の発作が繰り返されます。 通常、炎症が治まる静かな時期がありますが、この時期が終わるとますます重症化します。 角膜の曇りは永久的なものとなり、眼球内部では虹彩と水晶体の間に瘢痕組織ができ、黒質体も縮小し、虹彩は変色することがあります。 眼球全体が小さくなり、白内障になることもよくあります。 二次的な問題として緑内障を発症する人もいます。

アパローザやドラフト種に多い、もっと陰湿な月見草病があります。 炎症はもっと軽くて慢性的で、不快感もあまりありません。 しかし、炎症は着実に進行し、最終的には失明に至ります。

治療は、炎症を抑えること(一般的には副腎皮質ホルモンによる)、痛みを抑えること(主にアトロピンによる瞳孔の拡張とバナミンなどの鎮痛剤による)の2点が中心となります。 ぶどう膜炎の再発防止には、外科的手術が有望視されています。

腫瘍
扁平上皮癌は、眼瞼、第三眼瞼、角膜に発生し、眼の周囲に色素のない馬に多くみられます。 サルコイドは、まぶたに影響を与える可能性がある別の腫瘍である。 迅速かつ適切な治療が非常に重要です。 自分で治療を始める前に、獣医師からアドバイスをもらってください。