Articles

Header Ad

教会には溝がある。 まあ、教会にはたくさんの分裂があります。 しかし、最も気になるのは、礼拝の考え方が中心になっていることだと思います。

このような教会の分裂は、無気力な会衆や、「カリスマ主義」と疑われる会衆を生み出します。 しかし正直に言うと、私たちの生活の他の側面が礼拝の尺度を全く反映していないとき、この言葉はますます真実でなく響きます。

私は礼拝が私たちのクリスチャン生活の最も重要な側面の一つであると強く信じています。 そのため、サタンはそれを直接、大量に、絶え間なく標的にしてきました。 そのため、礼拝することの本当の意味を理解することが重要であり、なぜ礼拝は教会で歌うことよりもはるかに多くのことができるのでしょうか。

無知との戦い

もし教会に対処できる溝があるならば、それは対処されなければなりません。 聖書は明確です:教会内の問題に対処し、挑戦し、修正する唯一の方法は、それが文化的であれ宗教的であれ、聖書に書かれていることを見ることです。

テモテへの手紙で、使徒パウロは神の言葉の価値において彼の若い学生を励ましています。 「すべての聖書は神の霊感によるもので、教え、戒め、矯正、義の訓練に有益であり、それによって神の人は完全となり、あらゆる良い業に対して整えられる」(2テモテ3:16-17)

この当然の延長として、キリスト者は教えられる必要があります。 私たちは、聖所に入っていくだけで、真の礼拝の実体を理解することはできないのである。 幼児は何度も何度も語られる言葉を聞いて母国語を覚える。

言葉は正しく使われるように意味を与えられなければならず、行動や考え方も同じです。

「礼拝は歌うだけではない」と主張する人は正しく、そのことをはっきりさせるべきです。 同様に、誰もが全く同じ方法で神を崇拝するわけではありません。 ある人は手を上げたり通路で踊ったりすることが正当に間違っていると思うかもしれませんが、別の人は手を上げず、歌いながら踊ることが間違っていると思います。 なぜ、手を上げ、喜び踊り、主に向かって叫ばないのか。 これらは、多くの人が長い間提案してきたように、世俗的な社会から神の教会に持ち込まれた現代的な考えではないからである。 むしろ、旧約聖書の中で、神に選ばれた民が、神の臨在に無垢な喜びで応答する姿を繰り返し見ることができます。

契約の箱

400年以上にわたり、契約の箱は神の民とともに旅をし、神が彼らとともに臨在することを象徴していました。 サムエル記上では、ダビデが契約の箱をエルサレムに移す長い過程を始め、「ダビデとイスラエルの全家は、竪琴、ハープ、タンバリン、シストラム、シンバルなどあらゆるもみの木の楽器を持って主の前で祝った」(サムエル記上6:5)

その後、契約の箱がやっとエルサレムに着いたとき、「ダビデが主の前で力一杯踊った」(サムエル記上6:14)。 ダビデはあまりに激しく踊るので、”サウルの娘ミハエルが窓から見下ろし、ダビデ王が主の前で跳び踊りするのを見て、彼女は心の中で彼を軽蔑した “と言われている。 (6:16) その後、ダビデが彼女の前に戻ってきたとき、彼女はダビデが見せたことを嘲笑した:

「イスラエルの王は今日、なんと自分を尊んだことでしょう!」彼女は言った。 「

ダビデの返事は、私たちが神を礼拝しているところを見られたときの私たちの返事のすべてであるべきです:

See Also

私はあなたの父とその家族全員よりも私を選んで、主の民イスラエルの支配者として任命した主の前で踊っていたのです。 私は主の前で祝い、さらに自分をへりくだり、恥をかく」(6:21-22)

詩篇の作者たちも同様に、自分の持っているものをすべて使って神を賛美したいという気持ちを爆発させていた。 「竪琴で主をほめたたえ、十弦の琴で神に音楽を奏でよ」(33:2)、「主に向かって新しい歌を歌え、全地よ、主に向かって叫べ、喜び叫べ、歌え」(98:1、4)です。

私たちの教会における礼拝

新約聖書は神を礼拝することを少し違った形で記述しています。それはイエスが律法を成就する目的(マタイ5:17)に基づき、すべての人のためにそれを再解釈した一連の書物に予想される通りです。

むしろ、イエスはサマリアの女性に、「あなたがたがこの山でもエルサレムでもなく、父を礼拝する時が来る…真の礼拝者が霊とまことをもって父を礼拝する時が来る、そして今ここにいる」と言われたのである。 (ヨハネ4:221, 23)

このことは、ローマ人への手紙であるパウロを読むと、より具体的になり始める:

「ですから兄弟よ、神の憐れみによって、あなた方の体を生きた犠牲として神に喜ばれる聖なるものにするように、私は勧めます、これがあなた方の霊的礼拝です」。 この時代に合わせないで、心の一新によって変えられ、神の良い、喜ばれる、完全な御心が何であるかを見分けるようにしなさい」(ローマ12:1-2)

この「ですから」という言葉は、それまでのローマ書の教え全体につながっています。つまり、神にふさわしい生き方についての多くの指示は、神をどう礼拝すべきかを表しています。 エベレット・F・ハリソンとドナルド・A・ハグナーは、ここでパウロが考える礼拝は、「単に神を崇めるということではなく、クリスチャンの生活と活動の全範囲を対象としている」と述べている

教会で歌ったり祈ったり奉仕したりしていても、職場や家庭や遊びで生きていても、神を礼拝することはすべての行いの当然の延長でなければならない。 さらに、神を礼拝することは、働いていても署名していても、祈っていても遊んでいても、心の中では同じであるべきである