Articles

Luis Jiménez Biography

アメリカのアーティストルイス-ヒメネス(1940-2006)の大型公共彫刻 – 神話的な。 メキシコ系アメリカ人の文化に対する作者のビジョンと、メキシコ系アメリカ人が暮らす南西部やアメリカの文化に対する彼の批判的な見解が、しばしば深く反映されているのです。

ヒメネスは、ファイバーグラスという工業的で臆面もない商業媒体に取り組み、メキシコの壁掛けカレンダープリント、カウボーイのイメージ、「ローライダー」トラックの装飾といったありふれた芸術の伝統を利用した。 しかし、彼の作品には、メキシコやヨーロッパの芸術的伝統に対する詳細な知識が反映されている。 彼は公共の場に設置する彫刻を制作し、毎日その前を通り過ぎる何千人もの一般人(多くの場合ラテン系)に見てもらい、理解してもらうことを目的としていたが、同時に洗練された美術品コレクターの間でも強い支持を受けていた。 ヒメネスの芸術にはさまざまな側面がありますが、その最大の特徴は、さまざまな観客にアピールするための構成にあったと言えるでしょう。 「私の労働者階級としてのルーツが大きく関係している。美術の学位を持つ人たちだけでなく、普通の人たちが共感できる大衆的な芸術を作りたい」と、ヒメネスはSmithsonian .のチオリ・サンチャゴに説明している。 「だからといって、水増しする必要はない。 私の哲学は、ヘミングウェイの『老人と海』のような、重層的な作品を作ることです。 初めて読んだ時は、釣りを題材にしたエキサイティングな冒険小説だった。 最後に読んだときは、深い感動を覚えました。”

看板職人と欲求不満の芸術家に育てられる

ルイス・アルフォンソ・ヒメネス・ジュニアは1940年7月30日にテキサス州エルパソで生まれ、市内のセグンド・バリオ地区で育ちました。 祖父はメキシコでガラス職人をしており、不法移民の父ルイス・シニアは看板屋を営み、プロのアーティストになることを目指していた。 1930年代、全米の美術コンクールで優勝したこともあったが、約束された賞金は大恐慌時代の主催団体の削減の犠牲となり、結局届かなかった。 その代わり、エルパソ市内の看板に創作意欲を燃やした。 「ここにフィエスタ・ドライブインがあったんですよ」と、ヒメネスがサンチャゴを案内しながら言った。 「フラメンコのスカートをはいた女性が、ソンブレロを着て地面に座っている2人の男の前で踊っているというネオンサインがあったんだ。 そのネオンサインが点滅するたびに、彼女のドレスがどんどん高くなり、最後には男たちの帽子が宙に舞うのだ。 あれは親父の看板の典型で、アクションと色彩に富んでいるんだ」。

ヒメネスは6歳のときから店で働き始め、グラスファイバーのような工業用素材やそれに使える塗料に親しんでいった。 一家は、美術品を見つけるとそれを鑑賞した。 メキシコに行くと、ホセ・オロスコをはじめとするメキシコの偉大な壁画家の巨大な歴史画が飾られた美術館や公共施設に行くこともあった。 しかし、ヒメネスさんは、メキシコ人にとってのエルパソの雰囲気を、黒人にとってのアパルトヘイト時代の南アフリカになぞらえて、自分にはほとんど展望がないと思っていた。 1960年、テキサス大学オースティン校に入学する機会を得た。 オースティンに行かなかったら、このような世界に触れることはなかったでしょう」と、『Austin American-Statesman』紙に掲載されたTexas Alcaldeのインタビューで語っている。 専攻を建築から美術に変えたとき、彼の父親は激怒しましたが、彼は粘り強く、1964年に美術の学位を取得しました。

メキシコ・シティで2年間美術を学んだ後、ヒメネスはニューヨークへ向かう。 世界中からアーティストが集まるこの街で、彼は新たな自由を感じ、チカーノであることを意識することはなかった。 しかし、無名のアーティストが何百人、何千人といる中で、ヒメネスは長い道のりを歩むことになる。 1966年から1969年まで、ニューヨーク市のアート・プログラム・コーディネーターとして働き、彫刻家シーモア・リプトンのアシスタントを務めました。 1961年に始まった妻ビッキーとの結婚生活は、1966年に娘のエリサを産んで破局した。 翌年、メアリー・ウィンと再婚したが、これも3年で離婚している。 ヒメネスは、多くのギャラリーを訪れ、自分の作品に興味を持ってもらおうとしたが、どこにも行き着かなかった。

ついに1969年、ヒメネスは、新進気鋭のアーティストの作品を扱っていると聞いていた名門レオ・カステリ画廊の前にトラックを停める。 このとき彼は、口先だけのセールスではなく、3体の大きな彫刻を引きずって玄関から入っていった。 ギャラリーのディレクター、アイヴァン・カープ氏は、最初は激怒したが、やがて感心した。 そして、ヒメネスをグラハム・ギャラリーに送り、そこで初個展を開催した。 また、ニューヨーク・タイムズ紙の美術評論家ヒルトン・クレイマーが、グラハム・ギャラリーの第2回展に出品したヒメネスの作品を絶賛し、ヒメネスのキャリアは加速していった。

グラスファイバーで制作

この頃、ヒメネスは、彼を有名にした特徴である異文化への想像力を駆使した作品を作り始めていた。 ベトナム戦争に抗議して焼身自殺した仏教僧や、スペインの征服者に火刑に処されたアステカの皇帝クアウテモックの物語を暗示する「火の男」(1969年)は、燃える人間の彫刻であった。 現在、ワシントンD.C.のハーシュホーン美術館に所蔵されているヒメネスの『アメリカン・ドリーム』(1967年)は、女性とフォルクスワーゲン・ビートルの性的結合を描いたものである。 さらに物議を醸したのは、自由の女神を太ったビール飲みに見立てた「Barfly」(1969年)である。 ヒメネスは、大理石やブロンズよりも大衆的なタッチのファイバーグラスを使った作品を制作していた。

それはまた、彼が子供の頃から取り組んできた素材でもあったが、当時はほんの一握りのアーティストが使っていたに過ぎなかった。 ヒメネスの芸術は、そうした幼い頃の経験に根ざしていたのである。 「看板屋で働いた経験があったからか、絵も描くし、木や金属や粘土も使いたい、と早くから思っていました」と彼はサンチャゴに語っている。 キャリアは順調に伸びていたが、自分のルーツとは切り離されているような気がしていた。 1970年代前半に一時的にエルパソに戻った彼は、1972年にニューメキシコ州ロズウェルに行き、アートコレクターのドナルド・アンダーソンに作品を見せたところ、彼の個人美術館で仕事をしないかと誘われた。 ヒメネスはそこに移り住み、生涯ニューメキシコで暮らすことになる。 その後、ホンドという田舎町に移り住み、校舎を改造した家に住み、周囲の乾燥した谷間で小動物を狩り、獲物をいつも食べていた。 1985年、ヒメネスはスーザン・ブロックマンと結婚し、もう一人の子供、息子を授かった。

その後もヒメネスは小さな彫刻や絵画、ドローイングを制作し、その一部はニューヨーク近代美術館やメトロポリタン美術館、シカゴ美術館などで購入された。 南西部に住むようになり、西部や南西部をテーマにした作品を制作するようになる。 1974年の「プログレス」シリーズなどでは、従来の西部劇の物語の裏にある暴力的な現実を追求した。「プログレスI」では、バッファローの口から血のついた唾液が滴る中、インディアンの狩人が矢で突き刺す様子が描かれている。 ヒメネスは、その名声の高まりと地域に根ざした活動により、南西部の拡大する都市の公共空間に設置する大型彫刻の依頼を受けるようになった。 彼の最初の公共的な依頼は、ヒューストンの市庁舎に隣接するトランクィリティ・パークに設置される「ヴァケロ」と呼ばれる彫刻であった。

作品は論争を巻き起こした

多くの観客を集める公共彫刻は、しばしば論争の火種となるが、荒々しいリアリズムと鋭い社会的主張を持つヒメネスの作品は、おそらく他の何よりも論争的であった。 ヴァケロ』に描かれたカウボーイはメキシコ人で、馬に乗りながらピストルを振り回している。 ヒメネスは、この彫刻を、一般にカウボーイを英米人として描き、西部の生活に内在する暴力を神聖化してきた従来のカウボーイのイメージに対する修正として意図していた。 しかし、市当局はこの彫刻を元の場所に設置することに難色を示し、代わりにラテン系住民が多く住むムーディーパークに設置することを提案しました。 そこでも彫刻は批判にさらされた。 しかし、ヒメネス氏は地元の活動家たちと話し合い、彫刻を残すことを強く支持する結果となった。 このように、公式の反対と草の根の支持というパターンは、ヒメネスのキャリアの中で何度か繰り返されることになる。 1897>

ヒメネスの彫刻で最も有名なのは、キリスト教とネイティブ・アメリカンのイメージを融合させた《サウスウェスト・ピエタ》(1984)である。 神話に登場する恋人ポポカテペトルとイクスタシワトルは、メキシコシティ近郊の二つの大きな火山にちなんで名づけられた。亡くなったイクスタシワトルは恋人の膝の上に横たわり、ミケランジェロの有名な彫刻「イエスの死体を抱く聖母マリア」を思わせる姿勢である。 この像は、白頭ワシの背中に埋め込まれている。 この彫刻も、活動家から批判を浴びた。 「スペイン人征服者がインディアンの乙女をレイプした後を描いているという批判は、スペインの血を引く人々にとって不快なものだと言う」とサンチャゴが引用したアルバカーキ・ジャーナルの記事には書かれている。 この彫刻は、アルバカーキのマーティネストタウン地区に移された。

ヒメネスの彫刻の中には、リオ・グランデ川(Rí Bravo del Norte)を渡ってアメリカに向かう家族を肩に乗せた男を描いた「Border Crossing」(1989)のように、メキシコ系アメリカ人の経験を直接扱ったものもある。 しかし、ヒメネスの名声が高まるにつれ、ヒスパニック系の人口が少ない地域でも依頼を受けるようになった。 ノースダコタ州ファーゴに長年設置されていた「ソッドバスター」は、2頭の巨大な牛の後ろに筋肉質の農夫が描かれている。 ペンシルベニア州ピッツバーグの「Hunky-Steel Worker」という彫刻は、「Hunky」という言葉が東ヨーロッパ系の人々に対する民族的中傷であると反対する人々がいて、再び論争を巻き起こした。 ピッツバーグでもヒメネスを支持する人はいたが、結局、この言葉を削り取ることに同意し、彫刻はその後、マサチューセッツ大学ボストン校に移設された。 ヒメネスは、「ホンキートンク」でカントリーミュージックとその文化について豊かな考察を行いました。

彼の彫刻には賛否両論があったが、晩年はアメリカで最も重要な彫刻家の一人として広く知られるようになった。 彼の作品を賞賛するブッシュ大統領とのホワイトハウスでの夕食会に招待されるなど、さまざまな栄誉に浴した。 その時、ヒメネスは赤いカウボーイブーツを履いて現れた。 しかし、晩年は個人的な不幸に悩まされた。3度目の結婚が解消され、健康問題にも悩まされた。 幼少の頃、BB弾の事故で負った目は、ガラス製のものに取り替えなければならなかった。 1992年にデンバー市が新空港のために発注したグラスファイバーとスチールの巨大な馬の彫刻「ムスタング」の完成が遅れ、法的な係争もあった。 2006年6月14日、この彫刻は巻き上げ機から滑り落ち、制御不能となり、ヒメネスさんは梁に押さえつけられ、大動脈を切断してしまった。 最寄りの病院から28マイル離れた場所で、出血多量により救急車の中で死亡した。 「ルイスを知ることは、彼にとって仕事が人生だったことを知ることだ」と、別居中の妻スーザンはロッキー・マウンテン・ニュース紙に語っている。 「誰かが、彼は他の方法で出て行くことができなかったと言いました。 これは、飼育のマスタングだった。ルイスは、戦いで、創造の戦いで死亡した。