Articles

Money for Dry Rope?

「湿度の高い岩場で登るならドライロープの方がいい? ロープを濡らすことはありませんが、ここの湿度は常に99.999%です」

私が濡れたロープでロッククライミングをしなければならなかったことは、指2本で数えることができるほどです。 一番新しいのは1981年で、ジミーとローチと私はノーズで2日間雹に遭いました。

当時はドライトリートメントはなかったと思うし、あったとしても実験的なものでした。

彼らが言うように、乾燥処理は、長い道のりを歩んできた、赤ちゃん、おそらく、5パーセントに吸水を制限する最近のUIAA認証によって促されている。 そのため、UIAAでは吸水率を5パーセントに制限しているのです。 すべての乾式ロープがまだ認定を受けているわけではありませんが、多くのロープが認定を受けており、他の企業も取り組んでいます。

あなたの場合、どんな沼地で登るにせよ、乾式処理されたロープはチョークと同じくらい必要不可欠なものでしょう。 確かに雨の中でロッククライミングをすれば、その形容詞は当てはまりますが、誰が何度もわざとそんなことをするでしょうか? むしろ、ドライトリートメントは雨が降っていないときに、ロープをしなやかにし、操作性を向上させ、摩擦を減らし、汚れをはじき、寿命を延ばすために最も有効なものです。 ロープのドライ加工は、洋服で言えば柔軟剤、髪で言えばコンディショナーのようなものです。

もちろん、アイスクライミングやアルピニスト、登山家にとっては、バタフライバンテージやヘッドランプと同じように、ドライ加工されたロープは必要なものでしょう。 ちょうど昨日、アイスクライミングをしていて、滝からのしぶきがロープを吹き飛ばしました。 ロープは数カ所硬くなったが、乾燥処理されていたので使用可能だった。 乾式処理をしていなかったら、ケーブルが凍ってしまい、ビレイデバイスを通すことも、結び目を作ることも不可能だっただろう。 凍結したロープの結びがうまくいかないとどうなるか、トニ・カーツにその一例を見ることができる。 次ページ!