Articles

Postpartum GRANulation Tissue(産後の骨髄移植組織): The GRANT Study

Project Abstract: 産科裂傷を負った女性は、治癒を促進するために、産科医から膣内の局所エストロゲンで治療されることがよくあります。 産後、特に授乳中の女性は全身的なエストロゲンレベルが低いため、多くの臨床家は局所エストロゲンが産科裂傷後の転帰を改善する可能性があると考えている。 Prenticeで重度の産科裂傷を負った女性の大半は、私たちの集学的なPEAPOD(Peripartum Evaluation and Assessment of the Pelvic Floor Around of Delivery)クリニックでフォローアップを受けています。 PEAPODでは、膣エストロゲンで治療した女性は、そうでない女性と比較して、膣や会陰に肉芽組織を形成する頻度が高いことが観察されています。 この肉芽組織は、裂傷の治癒部位に絶妙な痛みを伴う繊維化した炎症性の瘢痕として現れます。 肉芽組織の形成は、創傷治癒カスケードの正常な構成要素であるが、この組織は病的に過剰となり、膣および会陰に残存することがある。 この異常組織は、痛みや出血のため、しばしば診察室や手術室での治療が必要となる。 私たちは、この肉芽組織の生体分子特性を明らかにすることで、プレンティス病院や世界中の出産する女性の産後の回復を改善することを目指しています