Articles

Screening for Diabetes Mellitus After Pregnancy

上記のGDM既往のある女性に対するフォローアップスクリーニングに加えて、すべての女性が一般集団に対する糖尿病スクリーニングガイドラインを順守すべきとWomen’s Preventive Services Initiativeは推奨しています。 一般集団のスクリーニングのガイドラインは、米国予防医療タスクフォースと米国糖尿病学会から入手できる。

他の検査と比較して、ヘモグロビンA1cは妊娠後最初の数ヶ月は正確さに欠ける。 さらに、貧血、腎不全、特定のヘモグロビン異常症(例えば、サラセミアおよび鎌状赤血球症または形質)または最近輸血を受けた女性などの条件を持つ女性では、ヘモグロビンA1c値は不正確である可能性がある。 しかし、空腹時血糖値や2時間75グラム経口ブドウ糖負荷試験による産後検査の実施率が低いことから、他の検査が実施不可能な場合、適切にカウンセリングされた患者の代替検査としてヘモグロビンA1cを検討することができる。 産後6ヵ月までに、妊娠に関連した生理的変化は通常解消される。したがって、標準的なスクリーニング検査はすべて6ヵ月以降も許容される