Articles

Supply Analysis

(供給分析は常に供給者/生産者の観点から)

我々の通常の言語では、供給という言葉は非常に多くのことを意味するために使用されています。 供給は市場に押し出される商品の在庫を意味することもあれば、生産の流れとして考えられることもある。 経済学では、供給とは、ある期間にある価格で販売するためにもたらされる製品の量を意味します。 この供給量の定義では、特定期間の総生産量は考慮せず、「販売に供される量」のみを考慮した。 このように定義した供給と生産は区別して考えなければならない。 したがって、生産されたものの総ストックのうち、一部は販売に回され、一部は将来の価格上昇を期待して買い控えられるということがあり得るのである。 同様に、現在の生産量よりも供給量が多いこともあり得る。現在の価格が利益を生むなら、以前の在庫が放出されるかもしれない。

需要曲線とは異なり、供給曲線は正の傾きを持ち、供給の法則を反映している。 すなわち、企業はより高い価格ではより多くの量を提供し、より低い価格ではより少ない量を提供する。 この場合、価格は生産に対する報酬であり、市場価格が高ければ高いほど、より多くの量がもたらされる。 価格が高いほど、企業は生産を増やすために、より多くの資源や投入物を購入する余剰資金を得ることができる。 また、価格の上昇は、消費者が彼らの商品を高く評価し、より多くの商品を欲しているという生産者へのシグナルとして作用する