Articles

Tech N9ne talks to KHQ

Aaron Dontez Yates, better known as Tech N9ne, has been building fan base in Inland Northwest for years. 彼は、「Like I Died」という曲の中で、ビリングスからスポケーンまで車で行ったことに触れていますが、これは、彼のツアーバスが事故に遭ったことにちなんだものです。 このラッパーは、思慮深い歌詞と速いラップスタイルで知られています。

ハロウィンの日、彼はニッティングファクトリーでのショーの前にKHQレポーターのリズ・バーチと対談しました。 あなたはスポケーンによくいらっしゃいますね。 ビリングスからスポケーンに来たと歌っているくらいですから。

Tech N9ne。 はい、それは特別な日でした。 2005年、私たちはほとんど死にかけました。 ビリングスで大破したせいで、ビリングスに留まることができたんです。 その代わり、スポーケンにクロップダスターで行き、すべての人々にサービスを提供しました。 彼らはそのことを決して忘れることはなく、それは絆のようなものです。

LB: レッド・ツェッペリンやシステム・オブ・ア・ダウンに影響を受けたとどこかで読みましたが…

T9: ああ、派手で騒がしいのが好きなんだ。 うるさいのが好きなんだよ。 ジム・モリソンやバリー・ホワイトからクールを学んだのかもしれないね。 ドアーズがなければ、ストレンジミュージックは存在しない。 だからレーベル名をストレンジにしたんだ、俺は大のドアーズファンだからね。

LB: 成功の一番いいところは何ですか?

T9: 昔から自分が正しかったと感じることです。 誰もが “定職に就いたほうがいいかも “と思っていた頃。 なぜなら、もしあなたがそれを心で感じたら、もちろんあなたはそれを推し進めるでしょう。しかし、あなたがそれを推し進めた後にそこに到達したとき、あなたは「うわー、私は正しくカードを使った」と思うでしょう。 おかしいな “と思う。 いつもそうとは限らないから、クレイジーなんです。 ツアーで資金を失ったとき、「どうしよう」と思うこともあった。 ただ、音楽を作り続けること。 そのことを話して、自分の心をみんなと共有する……僕はそんなふうに感情をぶつけたところから、ファンが増えていったんです。 同じような気持ちを持っている人はたくさんいる。 人は感情でつながっている。 どんな人生を歩んできたとしても、みんな同じような感情を持っている。 だから、私は感情を利用したんです。