Articles

What Happened When I Decided To Go Cold Turkey On Sugar

 How to cut sugar-candy of all kinds lay out on the purple background

Sometimes a walloping dose of optimism is only way forward. たとえば、食事からすべての添加糖類をカットするための私の取り組みがそうです。 この挑戦に向かって、私は、それほど難しくはないだろう、実際、それほど難しいはずがないと思っていました。 確かに、朝のオートミールにブラウンシュガーをたっぷりかけたり、チョコレートを食べたり、オフィスのキッチンから角砂糖をこっそり持ち出すのはもうやめようと思っていました。 しかし同時に、食生活を見直す意欲がこれほど湧いたことはありません。 栄養科学者たちは、甘いものを食べることが長期的にどのような影響を及ぼすかを研究していますが、それは決して良いことではありません。 肥満、糖尿病、心臓病、癌、アルツハイマー病などの疾病の増加には、すべて砂糖の摂取が関係していると言われています。 世界保健機関(WHO)は1日の摂取カロリーの5〜10%を砂糖から摂取することを推奨していますが、典型的なカナダ人はその2〜4倍も食べているのです。 私は、太いウエストライン(これらの病気の発症リスクを高める)にきっぱりと対処する覚悟を決めたのです。 プレーンヨーグルト、生アーモンド、炭酸水を買いだめしておいた。 そして、最後のバタータルトを味わいました。

とても早く、砂糖の禁断症状が本当にどんな感じなのかが分かりました。 思ったよりひどい。 最初の甘くない日々は、世界から色彩が失われ、楽しみが吸い取られたようなものでした。 すべてが灰色に感じられ、味がした。 飾り気のないスチールカットオーツを食べて、自分を憐れまないようにすることは不可能でした。 蜂蜜をかけたクランペット、モルテスター、ナナイモバー、そしてガールガイドキャンプで食べた奇妙なマシュマロストロベリーなど、何年も食べていなかったものが突然白昼夢の餌になったのです。 砂糖がどれほど私の幸せと結びついているか、そして、毎日をハロウィンのように扱うことがどれほど簡単か、特に現在の出来事に対処する方法として、私がどれほど過小評価していたかは明らかでした。 しかし、最初の楽観的な考え方があったからこそ、私は続けられたのです。

広告

しかし、それは超迷惑な話でした。 かつては特別な日のために取っておかれた希少で高価な商品であった砂糖が、どこにでもあるようになりました。 Lancet誌の調査によると、米国のパッケージ食品や飲料のほぼ4分の3は、何らかの形で甘味料が混入しているとのことです。 同僚が作ったオレンジピールの砂糖漬けを断り、ベビーシャワーではブルーベリーの皿のためにデザートテーブルを見送り、友人と集まるときはシラーズの代わりに紅茶にこだわったのです

もちろん、禁酒を試みるのではなく、ゆっくりと物事を縮小していけば、ずっと簡単だったでしょう。 栄養士で自然療法士のJennifer Salib Huberは、このようなハードコアなアプローチは勧めません。彼女が「剥奪サイクル」と呼ぶものを引き起こす傾向があるからです(私の狂ったグミの欲求がこれを裏付けています)。 彼女は、もっと直感的に食べるようにクライアントに助言しています。 「制限にこだわらないこと」と彼女は言う。 「本当にそれが欲しいかどうか、自分に問いかける方がいい。

彼女の指摘は理解できますが、私はちょうどGary Taubesの説得力のある(そして冷ややかな)本「The Case Against Sugar」を読み終えたところでした。 タバコの本数が健康的でないのと同じように、砂糖にも安全な量はないのだということを知れば、クッキーを断るのもずいぶん楽になりました。 味覚をリセットし、習慣を変えたかったのです。中庸ではうまくいきません。

そして、1週間が経つごとに、気分がよくなってきました。 欲求は弱まり (正直に言うと、完全になくなることはありません)、私の不機嫌さは治まり始めました。 よく眠れ、気分が落ち着き、巻き尺で測ると、小さいながらも顕著な改善が見られました。 また、何を食べるかについても、より賢くなりました。 朝のオートミールにベリーやシードを入れると、よりおいしく食べられるようになりました。 夕食後にまだ何か食べたいと思ったら、ペコリーノチーズを食べます。 たまに小さな甘いものを食べたりもします。 でも、めったにないことだから、本当にご褒美なんです。 それが大事なんだと思います。 ある苦い月日を経て、私は砂糖との関係を完全に見直しました。 苦しいこともありましたが、塩キャラメルチョコレートブラウニーを見て「いらない」と思えるのは、まさに革命的な気分です!

原著は2016年、更新は2020年10月。

広告掲載