Articles

What is Plumeria Dormancy

休眠、環境ストレスの条件下、またはしばしば冬のように、そのようなストレス条件が現れそうなときに多くの生物が採用する代謝活動の低下状態。

植物生理学では、休眠は植物の成長が停止している時期である。 多くの植物種が示す生存戦略であり、冬や乾季など、1年の一部が生育に適さない気候でも生き延びることができる。

植物生理学において、休眠は植物の成長が停止している期間である。 多くの植物種が示す生存戦略であり、冬や乾季など、1年の一部が生育に適さない気候でも生き延びることができる。 カエデなど温帯の植物の多くは、不順な季節に休眠期を迎える。

休眠を示す植物種には体内時計があり、活動を鈍らせ、氷点下や水不足の期間に軟組織を準備するように指示する。 この時計は、気温の低下、撮影期間の短縮、降雨量の減少などによって機能する。 高等植物では、種子や根茎、球茎、塊茎などの地下器官、木質小枝の冬芽などが生得的に休眠している。 好条件が揃うまで待つのである。 そのため、休眠によって、数ヶ月から数年間、種子を生存させることができるのです。 プルメリアの種子は、10年以上経過しても発芽することが確認されています。

プルメリアの種子の休眠は、種皮休眠、または外部休眠と考えられ、胚に水と酸素が到達して活性化するのを妨げる硬い種皮の存在によって引き起こされるものです。 種子は、暖かい温度と湿気にさらされるまで、休眠状態にあります。

休眠の原因

環境ストレスの期間中に生物に誘導される休眠状態は、多くの変数によって引き起こされる可能性がある。 休眠の開始に大きく寄与するものとしては、温度や光周期の変化、栄養分、水、酸素、二酸化炭素の利用可能性などがある。 一般に、生物は比較的狭い温度範囲に生息しているため、この温度範囲を上回ったり下回ったりすると、ある種の生物は休眠に入ることがある。 また、温度変化は栄養、水、酸素などの環境パラメータにも影響を与えるため、休眠のためのさらなる刺激となる。 夏の干ばつや冬の凍結による水不足、特に高緯度地域では光の持続時間や強度が毎年変化することも休眠状態を誘発する環境要因である。

自然条件下では、休眠に影響を与える環境変数のほとんどは、概日周期または年周期で相互に関連し合っている。 主な日内変動要因である光と温度の変動は、生物の代謝活動のリズミカルな変化を誘発し、温度と光周期の年変動は、栄養と水の利用可能性に影響を与える。

プルメリアは何十年も何世紀も生きることができるので、乾燥期間を乗り切るためのメカニズムを持っているはずである。 休眠は、プルメリアがこのような不利な条件下でも生き延びることができるようにするための発達段階です。 プルメリアは熱帯地方の植物であり、休眠状態でも耐寒性は異なりますが、氷点下の気温にさらされると枯れてしまいます。 最初の段階はプレ・ドーマンシーと呼ばれる。 この初期段階は可逆的で、例えば温室など、プルメリアの生育に適した環境に戻すと、生育が再開されます。 休眠前が進むにつれて、成長を再開できる環境条件の範囲は狭くなる。 プレドーマンシーの後、プルメリアはトゥルー・ドーマンシーに入る。 真性休眠に入ると、最適な生育条件に戻しても生育が再開されない。 プルメリアが真性冬眠状態になることはないと言われているが、この時点で落葉することが多く、生育を再開させるためには長期の冷却が必要である。 休眠の最終段階はポストドーマンシーである。 この段階は冬の終わりから春先にかけて典型的なものである。

環境トリガー

LENGTH OF DAYLIGHT – 休眠期を開始させる主な環境シグナルは、日照時間である。 ほとんどのプルメリアは、長い日照時間が生育を促進し、短い日照時間が休眠の引き金となる。 夏の終わりに日が短くなり始めると、生育が遅くなり、やがて休眠に入る。 実は、重要なのは昼の長さではなく、夜の長さなのです。 短い夜は成長を促し、長く途切れることのない夜は休眠を促します。 日照時間の長さは、年によって完全に安定しているため、非常に信頼できる環境信号である。 日照時間は、成長調整剤の生産量を変化させ、休眠の発生を促す主要なトリガーとなる。 成長調整物質であるアブシジン酸(ABA)は、明らかに休眠の発生に関与しており、秋に高レベルに蓄積されることが分かっています。

気温の影響 – 気温の低下も休眠の発生に関与していることが分かっています。 日照時間が短いと、プルメリアは休眠前(そして多分、本当の休眠も)に入る。 研究者の中には、植物が真の休眠に入るには低温が必要だと考えている人もいます。

水と栄養の影響 – 水分とミネラルの栄養も休眠の誘発に影響する。 水ストレスは休眠を深くし、落葉の原因となる。 ミネラル栄養が高いと、休眠を遅らせることができる。 これは特に窒素で顕著である。 夏の終わりから秋の初めにかけて、窒素を大量に与えると、植物がフラッシュして生育を再開することがあるので、決して与えてはいけない。 休眠中は肥料を与えず、脱水症状が見られる場合のみ、軽い水やりや霧吹きのストレスを与える。 冷え込みがABAの分解に関与しているのかもしれません。 ABAの抑制効果を取り除くのに十分な時間が蓄積されるまで、プルメリアは休眠を解かないでしょう。 土壌が暖かくなり始めると、ジベレリンやサイトカイニンなどの成長促進物質が蓄積され、プルメリアの先端が成長を再開する信号を送る。

一度休眠後の状態になると、正常なシュートの拡大には暖かい温度と日長の増加が必要となる。 この時点では、暖かい気温が最も重要な環境要因でしょう。